The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
東中野駅~大久保駅界隈散歩~神田川洗張&円照寺&鎧神社~
2013-05-20 Mon 19:30
土曜日夜に中国出張から戻り、のんびりしようと思いましたが、新宿の本
屋へ行こうということで、19日日曜日に東中野駅から大久保駅方面へプ
チ散歩してきました。

毎日中央線に乗りながら、このあたりも古い木造建築残っていそうだな~
と以前から目をつけていたこともあり、本屋ついでの散歩です。

スタートは、中央線東中野駅東口からスタートです。
以前、東中野については、昭和の雰囲気が残る飲食街「ムーンロード」
を紹介させて頂いたことがあります。

東中野東口

交番脇にある階段を下ります。
すぐ近くを神田川が流れていますので、この地形は、神田川の浸食作用に
よるものだと思われます。
石段

基本的には、できるだけ中央線の線路に沿って歩いてみたいと思います。
途中には、かぐや姫の「神田川」の舞台になりそうなアパートも見かけます。
東中野アパート

上のアパート前にある「近江屋」さんです。
ノレンを見ると「洗張」とあります。

”洗い張り”とは、わかったようなわからないような職業ですが、調べてみる
と、簡単にいうと”反物に仕立て直した着物を川で洗い直す”ことのようです。

この界隈には、明治・大正期に神田紺屋町の染物屋さんが移り住んだエリ
アで、最盛期には300軒の染物屋さんがこの界隈に集結していたそうです。
染の里二葉苑さんHPご参照ください)

こちらのお店もそうした染物業の関連としてこの地にお店を構えているんだ
と思います。
近江屋

近江屋さんから10mで神田川です。
かぐや姫の神田川の舞台は、早稲田近くの面影橋付近と聞いたことがあり
ますが、曲のイメージ的にはこのあたりもマッチしていると個人的には思い
ます。

黄色の総武線電車が走っていきました。
神田川

線路際には、昭和の懐かしさ感じさせる建物が数は少ないですが残って
います。
線路際民家

トタンの囲いと煙突が懐かしいですね!
青トタン


大久保方面にぶらり歩くと見えてきたのが、真言宗豊山派円照寺です。
円照寺参道

円照寺由来説明板です。
こちらの説明板には、もちろん記載はありませんが、写真家の篠山紀信さ
んのご実家です(ご本人もプロフィールでこちらのお寺の次男であること書
かれています)。
円照寺案内

ちょうど法事の最中でした。
円照寺本堂

円照寺の隣にある平将門の鎧を埋めたという伝承が残る
「鎧(よろい)神社」です。
鳥居

創建1100年の古社です。
立派な本殿です。
鎧神社

こちらの狛犬、写真ではわかりにくですが、かなりの大きさです。
後姿もボリューム感満点です。
狛犬

このあたりには、こうした路地も多く見られます。
路地

線路際の昭和の雰囲気満点の建物です。
昭和民家

トタン塀がいいですね。
敷石のある路地も何となく和みます。
昭和民家2

基本的には、住宅密集地ですが、ときたまこのような空き地も見られます。
空き地

大久保駅に向かう線路際の道です。
人がすれ違うのが精一杯の道幅です。
ガード際

途中にあった石仏です。
毎日お花をお供えする近所の方がいるんだと思います。
地蔵

大久保駅を越して、新宿駅方面に向かいます。
西新宿にある「西新宿中学校」です。
平成になってから、淀橋中学と淀橋第二中学が合併してできた中学です。

この風景、都心の中学ならではの風景ですね。
西新宿中学校

モード学苑コクーンタワーです。
”コクーン”とは、”繭”の意味だそうで、確かに外観は繭そのものです。
タワー
今日は、こちらのビルのB1・B2にある「ブックファースト新宿店」がゴールです。
お疲れ様でした。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 町歩き | コメント:0 | トラックバック:0
<<曹洞宗大雄山最乗寺の新緑風景 | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 瀬戸内海 牛窓(岡山県瀬戸内市)の風景 >>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。