The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
曹洞宗大雄山最乗寺の新緑風景
2013-05-21 Tue 19:30
神奈川県南足柄郡大雄町にある曹洞宗の古刹「大雄山最乗寺」です。
(今年ではなく以前の新緑時期の写真です)

大雄山最乗寺は、峨山五哲である通幻寂霊門下の了庵慧明によって
開山され、東国における通幻派の拠点となった寺院で、全国に四千余
りの門流を有する大寺院です。

当方毎月坐禅でお世話になっている中野坂上成願寺もこちらのお寺の
流れに連なるお寺です。

場所は、小田原駅から伊豆箱根鉄道大雄山線で21分、終点の大雄山
駅からバスで10分で、下の写真のところに到着です。
大雄山バス降りたところ

境内は、写真のように山深いうっそうとした森の中に参道があります。
参道

参道の途中には、写真のような数多くの板碑が建っています。
新緑板碑

板碑

ようやく三門が見えてきました。
門が見えた

石段

最乗寺には30余りの堂宇があります。
こちらの瑠璃門をくぐって本堂など主要な建物が立ち並ぶ境内に入ります。
入口

広い境内風景です。
今までの山深い風景とはうって変って開放的な風景が広がります。
境内

建物自体は、それほど古いものではありませんが、堂々とした堂宇が建ち
並んでいます。
本堂

本堂廊下です。
廊下

了庵慧明禅師の弟子の道了が寺を守るために天狗に変身したという伝説が
大雄山最乗寺にはあります。
天狗

大雄山最乗寺は、全国に25ある専門僧堂の一つであり、こちらの僧堂で
は日々修行僧が修行に励んでいます。
僧堂

修行僧が日々坐禅を行う僧堂です。
もちろん立ち入り禁止です。
僧堂アップ
今の季節、森の空気を味わうだけでも参拝の価値がある寺院です。
新宿から小田急ロマンスカーで小田原へ、そこから大雄山線で最乗寺の
旅、一度いかがでしょうか!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 寺社仏閣 | コメント:0 | トラックバック:0
<<春の五箇山風景(富山) | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 東中野駅~大久保駅界隈散歩~神田川洗張&円照寺&鎧神社~>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。