The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
夜行バスの旅(その3)~水の町郡上八幡の町並み散歩~
2013-06-01 Sat 14:09
郡上八幡町並み散歩を続けます。
写真の順番は、必ずしも歩いた経路通りではありません。

郡上八幡、見所が多く写真たくさんになってしまいました。

こちらは、上吉田通りの町並みです。
郡上八幡の名産物、「郡上みそ」の看板が見えます。
郡上味噌

「やなか水のこみち」(前回記事の最後の写真)奥にあるお稲荷さんです。
隣は、郷土料理が楽しめる「花むら」です。
稲荷町

宮が瀬橋を渡ってすぐにある郡上八幡地酒「積翠」醸造元の平野本店です。
「サッポロビール」の大きな看板がかかっています。
その文字の下には、”シトロン”とあります。
昔懐かしい「リボンシトロン」でしょうか?
調べてみるとまだリボンシトロンは、北海道を中心に販売継続中でした。
酒屋

名水の町郡上八幡のシンボル的な存在「宗祇水」に向かいます。
「宗祇水」は、環境庁選定の名水百選の第一号に指定された名水です。
宗祇水へ向かう

吉田川の支流、小駄良川の近くに「宗祇水」があります。
宗祇水

宗祇水以外に水気はありませんが、石の間を沢蟹が散歩していました。
沢蟹

こうした川風景がある町は、やっぱりいいですね。
川

川沿いには、懸崖風に建物が建っています。
川沿いの懸崖

右を見ても左を見てもこうしたお店があり、わくわくしてきます。
酒屋2

当方好みの食堂がありました。
まだ、時間は8時40分で、もちろん営業前です。
食堂

朝の郡上八幡町並み写真です。
朝の民家

町並み自転車

朝の町並み

こうした宿に一泊するのも乙ですね。
郡上踊りの時期には、予約で一杯になるんだと思います。
旅館

駐車場のある郡上八幡城下町ブラザあたりの風景です。
寺をのぞむ通り

郡上八幡の町の通りの突き当りには、必ずと言っていいほど寺院がありま
す。
このあたりは、旧職人町だと思います。
寺をのぞむ通り2

浄土真宗安養寺です。
かっては、郡上御坊と呼ばれ、隆盛を誇った寺院です。
真宗らしい豪壮な建物で、木造建造物としては、岐阜県最大の建物との
ことです。
寺

安養寺から少し上がったところにある1614年創建「岸劔(きしつるぎ)
神社」です。
神社

岸劔神社の更に上にある秋葉三尺坊へ向かう石段です。
秋葉三尺坊は、静岡磐田にある曹洞宗の古刹可睡斎から勧進されたもの
です。
登り

郡上八幡城に向かう山道です。
気持ちよい登りが続きます。
山の碑

郡上八幡城に到着です。
郡上八幡の町どこからも見上げることが出来るこのお城は、郡上八幡の
シンボルです。
郡上八幡城

天守閣からの郡上八幡の町を眺めます。
昔、菊正宗のTVコマーシャルで、こうした風景が出てきたような気がします。
この風景眺めるだけでも夜行バスで来た甲斐がありました。
郡上八幡城から

続いて、水の町郡上八幡を代表する水風景です。
まずは、安養寺近くの童地蔵の水風景です。
水風景

町中にもこうした水路が流れています。
自転車と水路

江戸時代の足軽屋敷裏手を流れる用水路です。
いがわ小路

流れに沿ってこうした3カ所の共同洗濯所が見られます。
水路

石を敷いた小路もいい雰囲気です。
路地

こちらは、郡上八幡旧庁舎記念館です。
駐車場もあり、レンタサイクルもありますので、ここを起点に郡上八幡巡りも
いいかと思います。
中心部

再び商店街に戻ります。
郡上八幡駅から郡上八幡の中心部は、少し離れておりバス便になります。
駅から10分程度でしょうか。
商店街

今まで散歩した旧市街とはまた少し趣きが異なりますが、こちらの町並み
だけでも見所十分あります。
小川屋洋品店

バスで郡上八幡駅に戻りました。
郡上八幡の町を隈なく歩きましたが、まだ11時前です。
やはり金曜日夜行発だと時間が有効に使えます。
駅改札

ちなみに土曜日朝7時に新宿駅出発、名古屋まで「のぞみ」→美濃太田
まで「ワイドビューひだ」と乗り継いだとしても郡上八幡駅12時52分着で
す。
料金も電車13,670円に対して、バスは、夜行バス6,300円、関→郡上
八幡駅1,080円
計7380円とほぼ半額でOKです。
駅構内
7月中旬から9月上旬まで32夜を踊りぬく日本一のロングラン盆踊り郡上
踊り近づいてきました。
この時期の郡上八幡も再訪したいのですが、やはり混んでいるんでしょうね?

長くなって恐縮ですが、未だお昼前ですので、もう一つの目的地 同じ長良
川鉄道沿線の美濃市へ向かいます。
にほんブログ村 鉄道ブログ ブルートレインへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | バス | コメント:2 | トラックバック:0
<<夜行バスの旅(最終回)~美濃市から中山道太田宿~ | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | いよいよ今回の目的地郡上八幡へ(その2)>>
この記事のコメント:
郡上八幡、中々に行けません。
”うだつ”だらけの町並み、素晴らしいです。
いいですねえ、じっくりと町風景を2回見ました^^
「行きたい。」とはいえ、新潟からだと時間、交通費、郡上八幡は遠い~です(><);
2013-06-02 Sun 14:03 | URL | 犬山にゃん太郎 #WVb5vgCk[ 内容変更]
犬山にゃん太郎様
コメントありがとうございます。
そうですね、東京からもなかなかアクセス悪く、普通だと2日ががりになってしまうのですが、「パピヨン号」が長良川鉄道の関市役所を経由してくれるおかげで瞬間移動のような旅が可能になっています。郡上八幡、なかなかアクセスしづらいエリアですが、機会ありましたらぜひご訪問下さい!
2013-06-02 Sun 18:00 | URL | zataro50 #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。