The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
花開く小さな城下町三春町(福島県田村郡)の風景
2013-06-05 Wed 19:30
福島県田村郡三春町の風景です(少々昔の写真で恐縮です)

三春は、戦国時代には田村氏の城下町として、この地方の中心都市として
発達してきました。

「梅・桃・桜の花が一度に咲き、三つの春が同時に来るから三春と呼ばれる
ようになった」と言われるように日本三大桜の一つ滝桜など季節の花に恵ま
れた町でもあります。

今も落ち着いた内陸の静かな城下町の佇まいを残しています。

こちらは、芥川賞作家で臨済宗僧侶である玄侑宗久さんの自坊臨済宗妙
心寺派福聚寺(ふくじゅうじ)です。
Image1-374_20130604230729.jpg

1867年建造田村大元神社の表門です。
額縁のようですね。
Image7-38_20130604230909.jpg

決して大きな町ではありませんが、落ち着いた町並みが広がっています。
Image2-1_20130604230729.jpg

銭湯を併設したぬる湯旅館です。
Image6_edited-1_20130604230727.jpg

銭湯として明治42年に創業され、現在銭湯として営業しているレンガ造り
の建物は昭和2年に建築された建物です。
観光プランで1泊2食付7500円(ビジネスプランは1泊2食付6000円)と
リーズナブルな宿泊料金です。
Image2-351_20130604230726.jpg

少し町を外れるとこのような民話の里のような風景に出会えました。
Image2-261_edited-1.jpg
この時は、日帰り旅行でしたので、いつかはぬる湯旅館のような宿に泊ま
り、のんびり町歩きを楽しんでみたいと思います。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | ぶらり旅 | コメント:0 | トラックバック:0
<<茨城土浦の昔町並み(筑波学園都市の隣接都市ですが懐かしい風景が残っています) | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 中山道醒ヶ井宿(滋賀県米原市)湧水豊富な宿場町です>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。