The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
山形六十里越街道 田麦俣多層民家の風景
2013-06-14 Fri 19:30
山形県村山地方(寒河江があるエリア)と庄内地方(日本海側)を結ぶ街
道が六十里越街道です。

六十里越街道は、羽黒山、月山、湯殿山への参拝の道として古くから各
地からの行者たちの宗教道路として栄えてきました。

六十里越街道から眺めた山風景です。
遠くに滝が見えます。
山中

六十里越街道の中間にある集落が「田麦俣」です。

湯殿山への参拝客の宿場的役割も果たしていたこの集落には、数は少ない
ですが、今も特徴ある多層民家が残っています。
2軒

手前の多層民家は民宿「かやぶき屋」さん、後ろの民家は、旧遠藤家住宅
として公開されています。
駐車場から

宿場としての役割を果たす必要もあり、家人の居住部分と客人を泊めるス
ペースを立体的に確保すべく、こうした独特の茅葺の建築様式が発達しま
した。
全景

こうした民宿に泊まって、出羽三山参拝というのもいいですね。
斜め

こちらは、後ろの旧遠藤家住宅です。
江戸時代後期 文化文政年間の建築とのことです。
内部見学が可能です(前のかやぶき屋さんで入場料など取り扱っています)。
全景2

こちらは、かやぶき屋サイドビューです。
豪雪地方故に冬場はこちら側からの出入りも考えられていたのでしょうか?
P8110757.jpg

水車小屋側から見た多層民家です。
水車

きれいな沢水が流れていました。
水

水2

多層民家と花風景2題です。
花2

車でないとアクセス厳しいこともあり、観光客姿はあまり見かけません。
花「
慈恩寺&出羽三山神社訪問の際には、こちらもぜひお立ち寄りおすすめです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | ぶらり旅 | コメント:1 | トラックバック:0
<<藤沢周平作品の海坂藩の舞台~庄内地方の中心都市鶴岡の町風景~ | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 出羽三山神社~羽黒山参道杉並木の風景~>>
この記事のコメント:
東海の山旅~東海の百山と百名山~
はじめまして
きれいな写真ありがとうございました。藤沢周平も好きな作品ですが、団塊の世代としてはやはり司馬遼太郎と池波正太郎です。特に剣客商売、鬼平犯科帳、食卓の情景は何度読み返しての楽しいです。
2013-06-16 Sun 16:56 | URL | みのろーにん #JalddpaA[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。