The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
水子貝塚公園&寺下商店街(埼玉県富士見市)
2013-06-24 Mon 19:30
昨日は埼玉県富士見市の難波田城公園をご紹介させて頂きましたが、今
回は同じ富士見市内の水子貝塚公園です。

富士見市は、武蔵野台地上と荒川低地に市域は広がっていますが、その
低地側は縄文時代には海だったとのことです。

水子貝塚は、海の幸を求めて集まった縄文人が残した貝塚遺跡です。
写真の白いエリアがその下に貝塚があることを示しています。
公園全景2

昭和12年の発見以来、数回の発掘調査で環状に分布する集落跡である
ことが判明しています。
公園全景1

園内には写真のような竪穴住居が5棟復元されています。
竪穴式

上の写真15号住居に関する説明板です。
住居説明

失礼しました。
ご家族で団欒中でした。
内部

こちらは、公園内にある水子貝塚展示館内に発掘調査の様子が復元されて
います。
展示館

P6237948.jpg

水子貝塚公園の目の前にある真言宗智山派水光山大應寺です。
特徴ある楼門を有した寺院です。
寺

川越富士見バイパス側から来たのですが、水子貝塚公園に向かう途中に
場違いな商店街アーチがあることを見かけました。

水子貝塚公園からの戻りに気になって立ち寄ってみました。
商店街門

商店街のキャラクターは、”縄文くん”でしょうか??
入口表示

商店街両サイドに住宅が並びます。
すぐ脇には新河岸川が流れています。
地図

想像するにかなり昔(30~40年くらい)にニュータウンとして住宅地が開
発され、駅からもかなり距離があり買い物も不便なため、住宅地内メインス
トリートに商店街をつくったのではないでしょうか。

閉まっているお店の方が多いです。
魚屋

入口付近の様子です。
寺下という商店街名は、おそらく先ほどの大應寺の崖下ということから名付
けたのではないでしょうか(このあたりの住所は”貝塚”です)
入口風景

木染橋から眺めた新河岸川です。
昔新河岸川にほど近いところに住んでいたことがあり、新河岸川は当方に
とっては懐かしい川です(40年前はもっと汚い川でしたが---)
きそめ橋
大應寺&寺下商店街については、チロル猫(ねこや)様のブログ「猫屋横
丁 首都圏古い町並み探検」
『”新河岸川舟運外伝 河岸巡りで出会った商店街と”狛蛙”』
により
詳しくUPされています。
新河岸川舟運を辿った興味深いシリーズです。ぜひご参照ください!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 町歩き | コメント:0 | トラックバック:0
<<「曹洞宗臥龍山長谷寺&川越舟運ゆかりの大杉神社」訪問記 | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 中世館跡「難波田城」公園(埼玉県富士見市)訪問記>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。