The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
夏の哲学堂公園(中野区)~緑多く少しは涼しさ感じるスポットです~
2013-07-17 Wed 19:30
中野区に哲学堂公園という一風変わった?(失礼)公園があります。

場所は、中野駅北口を中野通りを北に行き、新青梅街道の交差点手前右に広がる公園です。
入口

こちらの公園は、東洋大学の創始者であり、哲学者の井上円了氏により開設されました。
下の碑は、園内の四聖堂前にある井上円了レリーフです。
井上

こちらの公園は、哲学を視覚的に表し社会教育の場としてつくられた全国的にも類を見ない
公園です。
木造

赤い建物は、3層からなる六角形の塔、六賢台です。
聖徳太子、菅原道真、中国の荘子、朱子、インドの龍樹、迦毘羅など東洋の六賢人を祀って
います。
メイン

こちらは、四聖堂です。
孔子、釈迦、ソクラテス、カントという4人の哲学者?を祀る堂です。
メイン2

宇宙館です。
哲学は宇宙の真理を追究するものであるという見地から名付けられた講義室です。
三角

宇宙館脇にある「幽霊梅」です。
井上博士が駒込に住んでいたころ、庭の梅の木の下に幽霊が出るという話になりました。
そのいわくつきの梅の木を移植したのがこの木だそうです。
幽霊

絶對城(図書館)とあります。
哲学の素養がないもので、少々解説読むのに疲れてきました。
図書館

四賢堂などのある高台の広場から緩やかな坂を下ります。
庭に向かう

途中、ポンプでのくみ上げだと思いますが、湧水スポットがありました。
湧水

湧き出た水は、園内で写真のような水流を作っています。
流

こちらは、大きい菖蒲池です。
池の向こうには、妙正寺川が流れています。
池

心字池に向かう途中にも湧水スポットがありました。
意外に水風景に恵まれた公園です。
石仏と泉

こちらは、心字池です。
池にかかる橋は、「概念橋」です。
もうギブアップです。
小池

妙正寺川を挟んだ対岸は、妙正寺川第二調整池になっています。
普段は、か細い水流ですが、一たび雨が降ると妙正寺川ももの凄い水流になります。
調整池

こちらの坂は、「二元衡」です。
解説板を読むのはパスとしました。
階段2

中野通り沿いの出口を出ました。
妙正寺川を渡ってすぐのところに北野神社があります。
住宅地の中の落ち着いた古社です。
きたの神社

「おびしゃ」という神事が行われていたとのこと、今は途絶えてしまったようです。
故事

久しぶりに寄りましたが、そのシュールさは変わっていません。
園内歩きながら思惟に浸るのもまた乙かもしれません。
無料で人出も少ない公園ですので、穴場公園としてもおすすめです!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 町歩き | コメント:0 | トラックバック:0
<<宮城の明治村「登米」の夏風景 | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 宮城県七ヶ浜町菖蒲田浜海水浴場風景(2007年夏)>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。