The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
東海道神奈川宿~宮前商店街散歩です~
2013-08-09 Fri 19:30
会社帰りに東海道日本橋から3番目の職場「神奈川宿」の一部を歩いてきました。

旧東海道は、川崎宿方面からくると第一京浜から宮前商店街に入り、京浜急行「神奈川駅」
、青木橋から台町方面に抜けていました。

今回のスタートは、横浜駅から一つ川崎寄りの駅、京浜急行「神奈川駅」からスタートです。
神奈川県の名前を冠した神奈川駅は、鈍行のみ停車の小さな駅ですが、1999年には、関東
の駅100選に選出されています。
駅

神奈川駅のすぐ横は青木橋です。
交通量の多い国道で、東海道、京急の線路を跨いでいます。
R0015008.jpg

駅を出たところに、神奈川宿歴史の道説明板がありました。
説明板

その隣には、現在の地図もあり、新旧東海道比較が可能です。
地図

神奈川駅のすぐ横から始まる宮前商店街です。
ここが旧東海道にあたります。
商店街入り口

宮前商店街にある真宗高田派「甚行寺」です。
幕末には、フランス公使館が置かれた寺院です。
フランス公館

フランス公使館跡の石碑及び説明板が設置されています。
石碑

甚行寺を過ぎたところには、真言宗智山派「普門寺」があります。
こちらは、イギリス士官の宿舎になった寺院です。
R0015013.jpg

こちらのお寺は、後ほどご紹介させて頂く洲崎神社の別当寺です。
説明板普門寺

割烹濱久さんです。
旧東海道にふさわしい佇まいですね。
割烹

洲崎大神です。
源頼朝が創建し幕府直轄の神社と云ういわれがある由緒ある古社です。
この神社の目の前が神奈川湊で、中世から港湾都市として栄えていた場所です。
洲崎神社

洲崎大神説明板です。
簡にして要を得た説明、さすがです。
洲崎説明

第一京浜側の宮前商店街で出口です。
旧東海道は、交通量の多い第一京浜にここから合流します。
出口

幸ケ谷公園に上がってみました。
かっては、「権現山」と呼ばれる山だったようですが、公園の北西側はざっくりと線路として
削られています。
以前は、台町方面まで尾根続きだったようです。
公園

夕方の公園は、人影もなく、”寂寥感溢れる空間”といった感じでした。
パンダの遊具とその前に転がるペットボトルが、この公園の今をよく表しています。
パンダ

幸ケ谷公園から見下ろした洲崎大神です。
神社の森の豊かさが上から眺めるとよくわかります。
神社上から

ちょうど湘南新宿ラインが通りました。
線路の向こうの側に見えるのが、幕末アメリカ大使館だった「本覚寺」です。
線路

公園は、猫ちゃんの楽園になっていました。
近づいても我関せずの大人の猫ちゃんたちでした。
猫

再び神奈川駅方面に戻りました。
焼鳥屋さんの暖簾が誘いますが、今回は我慢です。
焼きとり

神奈川駅ホームです。
懐かしいタイプの椅子もあり、関東の駅100選に相応しい趣がある駅でした。
こちらは、横浜駅からの歩ける距離ですが、京急鈍行に乗り、一駅戻り、横浜駅から湘南新
宿ラインで家路につきました。
神奈川駅ホーム
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 町歩き | コメント:0 | トラックバック:0
<<14日まで宮城に帰省してきます(残暑お見舞い申し上げます) | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 第60回阿佐ヶ谷七夕祭り(8/7~810)開催中です!>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。