The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
仙石線205系車両(205系3100番台)紹介
2013-08-11 Sun 14:38
朝食後にも、広瀬川沿いの名物岩風呂に入り、名残惜しいですが、岩松旅館を後にしました。
岩松旅館

帰りは、仙山線ではなく宿の目の前の停留所から山交バスの特急バスで仙台駅に向かうこ
とにしました。
電車ですと、旅館のバスで作並駅まで行き、そこから仙山線で仙台というルートになりますが
老人もいますので乗り換え無しで行けるバスにしました。
仙台までは所要時間40分です。
バス停

バス停すぐ脇に湯神神社の案内がありましたので、階段上がってみました。
湯神神社

なかなか木の鳥居がワイルドです。
写真家 星野 道夫さんの写真にあったアラスカのトーテンポールを思い出しました。 
湯神神社2

仙台駅に飾られていた兜です。
トイレ兜

美術館に展示されているようなきれいな工芸品ですが、実はこちら、仙台駅在来線連絡通路
にあるトイレ内に飾られています。

女性トイレ入り口には、七夕飾りがありました。
なかなか粋な計らいですね。
トイレ兜2

仙石線で多賀城に向かいます(写真は多賀城駅到着時のものです)

仙石線は、東日本大震災で大きな被害を受け、まだ全線開通していません。
甚大な被害を受けた高城町~陸前小野間については、一部路線の内陸側への移設が計画
されており、2015年には念願の全面復旧の予定です。

また、仙石線全面復旧の2015年には、東北本線の塩釜駅 - 松島駅間と線路が並行して
いる仙石線の松島海岸駅 - 高城町駅間に、両線を連絡する新軌道を建設し、東北本線から
仙石線への相互乗り入れ実現が計画されています。

仙石線は、東北地方JR唯一の直流路線のため、相互乗り入れにはキハ110系など新しめ
の気動車が使用されるようです。
P8118332.jpg

仙石線は、長い間103系が使用されていましたが、現在はすべて205系に置き換わってい
ます。
車両側面に2WAYシートのステッカーが貼ってありますが、一部車両にはクロスシート/ロン
グシートに転換可能な「2WAYシート」が導入されています。
外観

205系3100番台が仙石線用改造車両です。
車番

写真が先頭車両の「2WAYシート」です。
右列がクロスシート、左列がロングシートになっています。
205系室内

また、この車両には、車椅子スペースとトイレが設置されています。
石巻駅まで1時間かかりますので(震災前)、石巻直通の本数の少なさを考えるとやはりトイレ
は必要ですね。
トイレ
石巻のおばの家まで行くため、震災後、代行バスで松島海岸駅~矢本駅間を通ったことあり
ますが、その被害は極めて甚大で目の前にはとても言葉にならない光景が広がっていました。

2015年仙石線全面復旧が待ち遠しい限りです。
にほんブログ村 鉄道ブログ ブルートレインへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 鉄道 | コメント:0 | トラックバック:0
<<日本製紙クリネックススタジアム宮城で東北楽天イーグルスvs福岡ソフトバンクの試合を見てきました! | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 作並温泉「鷹泉閣岩松旅館」に到着しました!>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。