The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
朝の多賀城政庁跡&陸奥総社宮散歩(宮城県多賀城市)
2013-08-13 Tue 17:53
四国四万十市で気温41度を記録したと報じられていますが、宮城もそこまでは行きませんが、
暑いです。

昼間の散歩は、身の危険を感じますので、朝7時前に家を出て多賀城政庁跡と陸奥総社宮ま
で歩いてきました。

多賀城の”城”という名前から、どうしても近世の城郭イメージを思い浮かべてしまいますが、こ
ちらは奈良、平安時代に陸奥国統治の要・陸奥国府が置かれていたところで、軍事的な役割
も、もちろんは果たしていたようですが、どちらかというと政庁的な役割が強かった場所のよう
です。

創建は724年(神亀元年)、按察使大野東人が築城したとされています。8世紀初めから10世
紀半ばまで存続し、その間大きく4回の造営が行われましたが、今は礎石が残るのみです。

多賀城政庁跡に向かう途中の高崎郵便局では、郵便局敷地内で野菜を売っていました。

多賀城は、とにかく遺跡が多いところで、縄文から近世に至るまで41もの遺跡があるそうです。
多賀城市HP
この郵便局も遺跡であることを示す説明柱が立っていました(レターパックの赤い幟の隣の柱
がそうなのですが、遺跡名書き忘れました)
郵便局

曹洞宗化度寺です。
門を入ったすぐ左手にある弘安の碑があります。
化度寺

弘安7年(1284)の紀年があり、市内に現存する板碑の中でもっとも古いものだそうです。

東村山徳蔵寺にある重要文化財の石碑を思い浮かべましたが、あちらは元弘の石碑でした。
新田義貞側の闘死者名が記載されている石碑で、1333年鎌倉末期の石碑です。
弘安の碑

朝といえども日差しは強く、ようやく多賀城政庁跡南門近くにある「壷の碑」に到着です。
日本三古碑のひとつに数えられ、国重要文化財に指定されています。

松尾芭蕉も「おくのほそ道」の途中にこの碑を訪れ、深い感動をもって対面した様子が「おくの
ほそ道」にも記されています。
壷のいしぶみ

囲いの間にレンズを差し込んで撮影した碑面です。
東北歴史博物館で碑を拓本にした掛け軸をたしか販売していたと思います。
碑面

壷の碑のあるあたりに、多賀城政庁の外郭門である南門(八脚門)がありました。
写真の土塁の上に、築地塀が建てられていたようです。
築地

南門から道路を挟んでまっすぐ政庁へ続くメインストリートです。
政庁へ向かう大路

政庁に向かう途中には、近世の石碑が集められた一画があります。
出羽三山信仰に関するものでしょうか。
石碑の向うには、農家の建物が見えます。
この一帯は、のどかな丘陵地帯で、政庁跡近くに商店・食事処などはありませんので、観光
される際には、ご注意ください。
入口石碑

ゆるやかな石段を登ります。
石段

政庁跡に、ミニチュアの復元模型があります。
かっては、このような官衙が広がっていたんだと思うと感無量です。
模型

建物などは一切残っておらず、残っているのは写真の礎石だけです。
政庁跡

一番奥から今登ってきた石段方面を眺めた写真です。
何もないほうがかえって古の姿への想像力をかきたてられますね。
中心部

多賀城政庁周辺の小道です。
昔道1

奈良時代も実はこのような風景だったのではないでしょうか。
昔道3

暑さも限界に近づきつつありますが、もう一頑張りです。
続いて、陸奥総宮社へ向かいます。
政庁跡から650mの距離です。
昔道2

こんなのどかな道を歩いて行きます。
トンネル

陸奥総社宮に到着しました。
陸奥国内31郡の100社の祭神を祀る陸奥国の総社です。

延喜年間(901~922)、陸奥国にあった100の神社の祭神を合祀して創建されたと伝えら
れます。
塩竈神社に参拝するには、先ず総社宮に詣でることとされているご利益ありそうな神社です。
現在の拝殿は享保19年(1734)に建てられたものです。
陸奥総社宮

祀られている100社の名前が鳥居前に左右に分けて、掲げられています。
1回で100社!参拝できることになります。
神社一覧

浅草寺の「4万6千日」ほうづき市に並んで時間的・手間的コストパフォーマンスの高い
お詣りが可能です!
神社一覧2

狛犬様も何となく正当かつ端正な御姿のように見えてきます。
狛犬

神社の周囲は、樹齢600年の老杉がの鎮守の森が広がっています。
また、本殿裏は、多賀城の外濠として北の防御の役割を果たしていた加瀬沼が広がっています。
かなりの大きさの沼です。
本殿
朝の散歩もかなりの暑さです。
熱中症には気をつけたいと思います。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 寺社仏閣 | コメント:1 | トラックバック:0
<<日本で2番目に長い歴史を有する昭和レトロな水族館「松島マリンピア」訪問記 | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 日本製紙クリネックススタジアム宮城で東北楽天イーグルスvs福岡ソフトバンクの試合を見てきました!>>
この記事のコメント:
これが多賀城ですか
 総社と一宮(塩釜神社)の関係、ちょっと勉強しただけではわかりそうにありません。こちらはそういう訪問順ですか。
 多賀城といえば、大和朝廷が制圧に苦しんだ歴史を思いだします。冬(今年の新春)と夏の風景のちがいが、なかなかしぶいですね。
2014-01-09 Thu 22:52 | URL | 屋形船 #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。