The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
日本で2番目に長い歴史を有する昭和レトロな水族館「松島マリンピア」訪問記
2013-08-14 Wed 15:26
仙石線松島海岸駅前に、昭和2年開館、日本で2番目に長い歴史を持つ水族館「松島マリン
ピア」があります。

確か正月三が日も休まずに開園しており、当方子供が小さい時期にはよくお世話になった
場所です。

こちらの水族館ですが、2015年春に仙台港近くに場所を変え、また経営母体も変わって新
たに「仙台水族館」(仮称)としてスタート致しますので、残念ながらここ松島での営業は
2015年春前には終了となります
※いつまで松島で営業かは不明です。幸いなことに、ここの飼育動物は、新水族館に引き継
がれるようです。

ということで、間もなく(まだ時間は少々ありそうですが)松島での営業が終了となる松島マリ
ンピアへ行ってきました。

松島マリンピアは、松島海岸駅から徒歩1分、国道45号線を渡った向こう側という位置にあ
ります。

松島海岸駅からは、仙石線代行バスが矢本駅まで出ています。
(列車の運転期間は、あおば通り~高城町、陸前小野~石巻間です。代行バス連絡区間と
電車運行期間が異なりますのでご利用にあたってはご注意ください)
代行バス

仙石線車窓からも場内の様子がうかがえるほど駅至近な場所にあります。
案内

入場口です。
入口

館内は、1階フロアにはペンギンランド、乗り物乗り場、食事コーナーがあり、水族館内には
「イロワケイイルカ」や「アザラシ」など珍しい海獣、魚がいます。

写真は、水族館2階から眺めた1階フロアの様子です。
1階フロアでは、夏休み期間、様々な生き物が放されている「ジャンボタッチプール」が設置さ
れ、子供たちが水遊びに興じていました。
全景

2007年には、開業80周年を迎えました!
80周年

松島は、松島湾に浮かぶ島々が津波の緩衝役を果たし、他の沿岸エリアに比較すると被害は
それほど大きくなかった場所ではありますが、この水族館も津波により、館内は浸水し飼育さ
れていたビーバーなど多くの飼育動物が死亡しています。
津波

他の地域の水族館の支援や職員の皆さんの懸命な再開への努力により、震災後は2011年
4月23日には営業を再開しています。
震災からの復興

場内を走る電車です。
当方も昔乗ったことがありますが、何とも言えない高度感とその車体の素朴さが相まってなか
なかのスリルです。
電車

水族館内の様子です。
水族館は、暑い時期の納涼スポットとして最適ですね。
館内

定番アシカショーをやっていました。
あしかショー

水族館の向こうには、松島湾が広がります。
松島湾

ここ松島マリンピアの最大の名物(と勝手に思っている)浜焼きです。
牡蠣、イカやホタテなどが目の前で焼かれ、食べることができます。
濱焼

食事コーナーも懐かしい感じです。
食事

天井あたりを見ると古さ否めないですが、松島での営業最後の日まで頑張ってもらいたいです。
屋根

この入場券も貴重ですね。
マリンピア_edited-1
帰省のタイミングしか寄れませんが、移転前にもう1回ぐらいは入場したいと思います。

※本日、宮城からUターンしてきましたが、東京もやはり暑いです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 町歩き | コメント:0 | トラックバック:0
<<多賀城歌枕の地(沖の石・末の松原)からE5系新幹線で東京へ | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 朝の多賀城政庁跡&陸奥総社宮散歩(宮城県多賀城市)>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。