The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
曹洞宗嵩山少林寺(静岡県掛川市)緑陰接心から戻ってきました
2013-08-26 Mon 06:15
8月23日午後から参加していた少林寺緑陰接心から25日夜戻ってきました。

部分参加の方もいらっしゃいますが、名簿を見たところで総参加数46名、食事準備数は、常
時30名強でしたので、なかなか多くの参加者を集めた接心になりました。

接心については、以前もご紹介させて頂いておりますので、興味ある方はそちらの記事(緑陰
接心参加記
)をご参照頂ければと思います。

接心風景として今回の接心で見た風景をいくつかご紹介させて頂きます。

まずは、少林寺内で咲いていた大輪の蓮です。
もう時期は過ぎていますが、この蓮の花が今季最後の花ということでした。

後ろに写っている建物が接心参加者が坐禅を行う坐禅堂です。
蓮

こちらは、本堂側から山門方向を眺めた景色です。
水盤からすくっと伸びた蓮の花、本当に見事です。
山門と蓮

こちらは、水連です。
水連

最終日25日は午前中雨となり、過ごしやすい気候になりました。
水滴

先ほど蓮の花の背景に移っていた坐禅堂です。
3泊4日の長丁場になりますので、参禅者の皆さんの洗濯物がベンチに干してありました。
坐禅堂

接心では、粥坐(朝食)後に、全員で作務(さむ)を行います。
作務とは、禅の修行の一つとして掃除、庭作業など労務を行うことです。

作務終了後には、全員集まってお茶を飲みながらお菓子を頂きます(行茶)
3日目の行茶で頂いたスイカです。
スイカ

男性参禅者の宿泊は、本堂に繋がる書院と写真の本堂内になります。
朝は4時振鈴(起床)ですので、夜も開枕(就寝)21時、消灯22時と早い時間になります。
写真は、これから就寝というときの場面です。
冷房はありませんので、本堂の正面を開けっ放しで夜の風に吹かれながら就寝です。
(部活の合宿のようです)
寝床

少林寺のある掛川の話題を少々。
23日少林寺へ向かう前に少々時間がありましたので、駅前を散歩(というほどでもないですが)
しました。

少林寺最寄は、写真の掛川駅南口になります。
こちらは、シティホテルなどが建ち並ぶ新しい出口です。
掛川駅1

掛川駅北口には、新幹線駅唯一の木造駅舎がありました。
山小屋風?の趣ある駅舎でしたが、何と耐震工事のため、建て直し中でした。

保存活動の結果、旧の木造駅舎外観を復元する形で耐震工事が行われることになったよう
です。
昭和15年築の歴史ある駅舎外観が残されること、喜ばしい限りです。
建築中

なかなか懐かしい感じの商店街があります。
商店街

駅前にある食堂です。
「掛川で二番」とは、謙虚なお店?ですね。
掛川二番

掛川城へ登る時間はありませんでしたので、緑橋までで駅へ引き返しました。

復元直後に、ヤマハリゾートつま恋に来たときに、入場したことがあります。
NHK大河ドラマ「功名が辻」で有名になりましたが、復興天守閣とはいえ、見どころ多いお城
です。
お城
以上、緑陰接心風景&掛川駅周辺紹介でした。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 井上貫道老師・井上義衍老師 | コメント:1 | トラックバック:0
<<荻窪駅西口白山通り沿いの昭和風景 | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 曹洞宗少林寺緑陰接心(静岡県掛川市)に行ってきます>>
この記事のコメント:
いつも更新ありがとうございます。
接心会は沢山ひとが来られた様子ですね。
貫道老師はお元気であられましたか。
蓮の花まだ咲いてたんですね。
またお寺で会いましたら宜しくお願いします。
2013-09-03 Tue 10:07 | URL | 大前 #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。