The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
日光輪王寺三仏堂は全面改修中でしたが、秘仏「鎮将夜叉尊」が特別御開帳中でした!
2013-09-25 Wed 19:30
(その2)から続きます

日光のシンボル、赤の「神橋」です。
江戸時代には、将軍の日光参詣と行の修験者しか渡ることが許されなかったこの神橋です
が、今は渡橋料300円で誰でも渡ることができます。
神橋

神橋の下を大谷川の清流が轟轟と音を立てて流れています。
渓流

神橋脇から写真の石段を登り、輪王寺へ向かいます。
石段

日光山内最大の建造物である輪王寺の三仏堂は、現在全面修理中です。
この巨大な囲みの中で平成32年まで平成の大修理が行われていますが、修理期間中も拝
観は可能です。
工事中

ちょうど秘仏「鎮将夜叉尊」が特別御開帳中でした。
大きさ5cm程度の小さな小さな像が、2階の一画に祀られていました。
今回の日光旅行で、一番感動したのが、この秘仏拝観です。
御開帳

囲みの中には、見学通路が設けられており、三仏堂の屋根頂上と同じ高さから修理現場を見
学できます。
下の写真は、2013年9月22日現在の三仏堂修理の進捗状況です。
P9228728.jpg

見学通路から、外に目を向ければ東西に広がる日光門前町の眺望が楽しめます。
ここからのこの風景、修理の期間中だけ楽しめるお宝眺望ともいえるかと思います。
7階から

三仏堂の裏にある「護法天堂」では、お守り購入、祈祷祈願などが可能です。
輪王寺

まだ、11時前ですが、参道には多くの観光客の姿が見られました。
参道

陽明門も2015年まで平成の大修理中でその姿を拝むことはできません。
代わりに唐門(国宝)をアップさせて頂きます。
東照宮門

お約束の左甚五郎作の眠り猫です。
眠り猫
連休中の中日ということもあり、団体観光客で境内は大混雑でした。
結局、本社には上がらず、薬師堂の内陣天井に描かれている「鳴き龍」だけ拝観し、東照宮
を後にしました。

気候的に少し涼しい時期でしたので快適でしたが、夏の炎天下での拝観であれば間違いな
く倒れていたと思います。
世界遺産の日光の賑わい、凄いものがありました!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 寺社仏閣 | コメント:0 | トラックバック:0
<<日光日帰り旅 国指定登録文化財「日光物産商会本店」で昼食です | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 東照宮へ向かう道沿いの風景~日光宮前だんご&三ツ山羊羹本舗など老舗が並びます~>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。