The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
秘湯中の秘湯!! 栃木矢板市「赤滝鉱泉」に行ってきました(その1)
2012-05-01 Tue 19:32
ゴールデンウィーク中に、前から気になっていた栃木矢板市にある赤滝鉱泉に行
ってきました。

20年以上前から秘湯巡りをしてきました。

その際、秘湯巡りのガイドとしてきたのが、「日本秘湯を守る会」の発行する「日本
の秘湯」という本でした。
(本についているスタンプ帳に宿のスタンプ10泊集めると会員宿どこでも一泊泊ま
れる特典付きでした)

手元にある「日本の秘湯」を見ると1988年発行の第6版ですので意識的にまわり
始めた時期もこの頃かと思います。

観光旅館でなく、温泉と自然を大切にする宿を紹介したこの本は、今ほど温泉本が
豊富でない当時には自分の好みにあう宿に出会うための頼りになるガイドブックで
した。

今回行った赤滝鉱泉は、その当時から秘湯を守る会の会員宿以上に秘湯度が
高い孤高の存在!
(このガイドブックにも当然掲載されていません)であり、
ぜひ一度は行きたいと思っていた宿でした。
(周囲に寺山・小滝鉱泉という宿もありますが、最近改修されて昔の面影を保ってい
るのは赤滝鉱泉だと思います)

今回は、同好の士? 下の小5の子供と一緒です。

直前の予約でしたが、予約できました。予約の際に”子供連れです”というと宿の
方から”山中の湯治宿ですけど、大丈夫ですか?”と心配頂きましたが、”大丈夫
です”と返事をしてご了解頂けました。
誠実な電話対応で好印象です。

最寄り駅は、JR東北線矢板駅になります。矢板駅は宇都宮から普通で30分の
ところです。
JR矢板駅_convert_20120430195516
新幹線では味気ないので新宿から湘南新宿ライン普通グリーンに乗車、ホリデー
割引で750円です。

予約の際にお願いしておくと到着時刻にあわせて1人1000円で迎えにきてくれます。
今回は、当方グループ?だけでした。

いざ、宿に向けて出発です。

矢板の市街地を抜け、途中から山道へ入ります。
山桜がまだ咲いていました。

山道をしばらく登ると左に赤滝鉱泉の看板があります。ここからが林道になります。
少し行くと5台分くらいの広さの宿専用駐車スペースがあります。
これ以上は、”四駆”&”慣れた人”でないと無理です。
自家用車で来た人は、ここに車を止めて更に厳しいラフロードを徒歩で歩きます。

今回は、宿の4駆なのでそのままラフロードを下ります。
途中1箇所は、切り返しが必要なくらいの鋭角カーブです。

降り切った山の底に赤い屋根の赤滝鉱泉がありました。。
赤滝鉱泉遠景_convert_20120430200033

<長くなりましたので、これ以降は、(その2)へ続きます>
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 温泉 | コメント:0 | トラックバック:0
<<秘湯! 矢板の赤滝鉱泉へ行ってきました(その2・お部屋紹介) | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 明日5/1は下北半島「恐山」の開山日です~2009年恐山参禅研修参加記~>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。