The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
奈良井宿の旅籠・店屋風景(奈良井宿その3)
2013-10-14 Mon 14:32
先日に引き続き奈良井宿の風景です。今回は、旅籠・商家など中心にご紹介です。
屋根が隠す

文政元年(18188年)創業 老舗の旅籠「伊勢屋」です。
江戸時代は下問屋を勤めていた旅籠で、今なお宿泊が可能です。
伊勢屋2

当方、駆け足旅ばかりで、”そのうちそのうち”と思いながらまだこうした宿場町の旅籠泊まり
実現できていません。
伊勢屋

次回はこうした昔ながらの旅籠に泊り、観光客がいなくなった夜や早朝の宿場風景をぜひ味
わってみたいと思います。
伊勢屋アップ

こちらも江戸時代から続く旅籠「越後屋」さん、1日2組限定の小さな宿です。
この時は、ちょうど工事中だったからでしょうか?、猫足の旅籠行灯が見えませんでした。
越後屋

街道時代は油屋を営んでいたという「あぶらや」さんです。
煙草屋を経て、昭和40年代から旅館として営業中です。
あぶらや

右手のお店は、100種類以上の漆塗箸と雑器を扱う「さわや」さんです。
さわや

奈良井宿には、こうした食事処がたくさんありますので昼食に困ることはありません。
食事処

こちらは、天保年代(1830~43)建物、櫛問屋 旧中村家住宅の2階庇にかかる看板です。
この風合い、時代が経たないとなかなか出せない色合いですね。
屋根下看板

こうしたお土産屋さんでは、重くて荷物になることはわかりながらも漬物系をつい買ってしまい
ます。
民宿&お土産や

早朝には、この旧道を自動車が軒をかすめて走っています。
観光地ではありますが、地元の生活も従来通り根付いている宿場町です。
民宿つちかわ

最後は、長門屋商店さんです。
看板を見ると「松下電器販売店」とありますが、今は家庭用胃腸薬の常備薬「百草丸」の販売
が中心のようです。
看板にある「御岳百草丸」「日野百草丸」それぞれ製薬会社が異なる薬のようです。
長門屋店先 (2)

「Kodak」「FUJICOLOR」の看板、懐かしさ感じますね。
当方も銀塩カメラ使わなくなってかなり経ちますが、フジの「ベルビア」、Agfaのどぎつい発色
のネガフィルムなど、フィルムメーカー毎にそれぞれ発色に特徴がありました。
長門屋店先
奈良井宿の紹介、長くなっておりますが、次回で完了予定です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | ぶらり旅 | コメント:0 | トラックバック:0
<<木曽11宿最大の宿場 奈良井宿の花風景(最終回) | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 見所多い奈良井宿(その2)~水場&路地の風景~>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。