The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
中山道本庄宿の昭和レトロな飲食店点景(レストランはじめや他)
2013-10-21 Mon 19:30
ここのところ、あまり遠出をしておらず、散歩に行けないワンちゃん状態になりつつあります
(とはいいながら、坐禅会を初め、毎週必ずイベントはありますが)

今回ご紹介は、月は10月ですが、今年ではなく2009年に中山道江戸から10番目の宿場
「本庄宿」を歩いたときに写真です。

武蔵国最後の宿場である本庄宿は利根川の水運で大きく発展した宿場で、 天保年間には
人口4500人余、本陣2、脇本陣2、旅籠70軒余と 中山道で最大規模の宿場でもありまし
た。

当方、幕末新選組ファンなのですが、芹沢鴨がここ本庄宿の街道上で夜通したき火を焚い
たというエピソードは、新選組ファンの方はご存じのことと思います。

今回は、本庄宿でも、昭和レトロな雰囲気を漂わせている食堂など飲食店の佇まい紹介です。
PA241729.jpg

まず初めは、本庄市銀座2-3-1にある「レストランはじめや」さんです。
この時は、お店入らなかったのですが、次回街道歩きの際には入店してナポリタンでもぜひ食
べてみたいと思います。
当方的には、秩父にある「バリー食堂」にイメージ被るところがありますが、こちらのほうが小ぶ
りで大衆食堂色が強い感じですね。
PA241730.jpg

「レストランはじめや」さんの近くにあった黄色の看板が印象的な「大衆食堂もりや」さんです。
こちらは、この時点で営業されていないようでした。
PA241724.jpg

サイドビューです。
天井から突き出た円筒がいい味出していました。
PA241721.jpg

最後は、「いなりずし・のりまき」の看板が出る「東清」さんです。
写真左にある看板を見ると
「平成15年11月6日をもってやむなき事情により閉店することになりました」と書かれてあり
ました。現況どうなっているのでしょうか?
PA241736.jpg
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | ぶらり旅 | コメント:0 | トラックバック:0
<<中山道本庄宿の洋風建築 | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 梅若会定式能(研究公演「巴」)へ行ってきました!>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。