The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
秘湯! 栃木矢板 赤滝鉱泉訪問記(その3・お風呂)
2012-05-03 Thu 09:58
(その2)からの続きです。
部屋で落ち着いたところで、いよいよお風呂です。

泉温13.2度、単純酸性鉄冷鉱泉を薪で沸かします。湯船は一つです。

入り口でスリッパーを脱いでおくとそれが入浴中の合図になります。
(女性入浴中の標識もあります)
赤滝鉱泉風呂_convert_20120430201144
2人入ると一杯の広さですが、結構深さがあります。また、湯船に木の腰掛部分
がありますので、ゆったり入れます。

写真の赤いバルブをひねると源泉が注がれますので、注ぐ量で温度調節を行い
ます(ぬるくなったら声をかけると沸かして頂けます。)

鉄泉ですのでお湯は赤みがかっており、成分が濃いお湯なので浴槽のメンテが
大変だと思いますが、毎日の掃除で湯船は清潔に保たれており、気持ちよく入浴
できます。

よく温まるお湯で、お湯本来の力を満喫できます。
露天風呂流行の昨今ですが、こうした昔ながらの鉱泉のイメージを保った宿の存在
は本当に貴重です。

湯上りに宿の周囲を散策してみました。
赤滝鉱泉川_convert_20120430200551
建物の脇にこの風景が広がっています。川には魚の姿が見えました。

18時からいよいよ夕食です。こちらは食事は部屋出しですので、渓流の音をき
きながらゆっくり食事が楽しめます。
大瓶ビール2本と日本茶を頼んで、”いただきます!”
赤滝鉱泉夕食_convert_20120430201232 赤滝鉱泉線栓抜き_convert_20120430200643

味、量と大満足でした。ご飯もお櫃満杯で持ってきて下さり、1時間かけて食事を
楽しみました。
(写真は、昔よく見かけたアルミ製のごつい栓抜きです)

 ごちそうさまでした!!

その後は、100円投入のTVを見ながら早めに床につきました。
(その4)に続きます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 温泉 | コメント:0 | トラックバック:0
<<栃木矢板市 赤滝鉱泉訪問記(その4・最終回です) | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 秘湯! 矢板の赤滝鉱泉へ行ってきました(その2・お部屋紹介)>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。