The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
【最終回】いよいよ源流へ到達です~旧井草川を巡る旅(西武新宿線~切通り公園)~
2013-10-30 Wed 19:30
旧井草川巡りもいよいよ最終回です。
昼食をとった「ちひろ美術館」から再び流路へ戻ります。

下の写真は、西武新宿線北側(練馬区側)から再び西武新宿線をくぐり、南西側に向かって
流れる旧井草川です。
PA278939.jpg

線路を渡った反対側(南側)から見た井草川です。
こうしてみると西武新宿線の下を井草川が流れていたことよくわかります。
PA278952.jpg

杉並区でこの金太郎標識は、旧河川跡であることのマークです。
最近少なくなり、「水原弘の琺瑯ハイアース看板化」(古い例えで恐縮です)しつつあります。
PA278957.jpg

金太郎、ここにもいました!
PA278964.jpg

西武バス「井草中学」バス停留所あたりの緑道です。
井草中学でのテニスの試合帰りでしょうか?
中学生が荻窪駅行のバスに乗り込んでいました(石神井公園駅~荻窪駅間 荻14系統路
線です)
PA278960.jpg

バス停を渡ったところにあるここが井草川であったことを示す表示です。
こうした表示は、貴重ですね。
PA278961.jpg

旧井草川緑道沿いに「道灌橋」と書かれた石碑がありました。
このあたりは、2kmほど北にある石神井城を攻めるために大田道灌が陣を敷いた場所と
いわれています。
PA278966.jpg

裏に回ると以前村には4本の石橋があったことが書かれていました。
PA278967.jpg

石碑の位置関係です。
道行く人もあまり気がつかないかもしれませんね。
PA278968.jpg

更に旧井草川跡を進みます。
PA278969.jpg

今まで完璧にトレースできていた旧井草川が杉並工業で途絶えました。
PA278971.jpg

ちょうど文化祭をやっていましたので、校内入場は可能でしたが、文化祭見ずに流路探訪だけ
では失礼かと思い、校内には入らず迂回することにしました。
PA278972.jpg

道路から見た杉並工業校内です。
右側の舗装部分、マンホールもあり、旧流路の匂いぷんぷんしますね。
PA278973.jpg

迂回途中に「井草遺跡」の説明板がありました。
やはり水の豊かな場所は、縄文時代から住宅地?としてベストだったんですね。
PA278977.jpg

杉並工業を越えたところから再び流路が現れます。
PA278978.jpg

いよいよ源流間近です。
突き当りに見えるのが、源流地点「切通し公園」です。
PA278980.jpg

井草川の流路が復元されていました。
PA278983.jpg

結構な勢いでかっては水が駆け下りていたのではないでしょうか!
PA278981.jpg

源流に到達です。
秩父山中の荒川の源流点に到達したような気分(大げさですが)になりました。
PA278985.jpg

縄文時代のこのあたりの様子を描いた漫画的な説明板が設置されていました。
PA278988.jpg

終点「切通し公園」入口です。
青梅街道を渡った目と鼻の先に先日秋の例大祭が行われた井草八幡宮があります。
PA278989.jpg
身近な旧河川探訪ですが、フリーマーケットに遭遇したり、久しぶりに「ちひろ美術館」に寄っ
たり、それなりにプチ旅行気分を味わえた散歩になりました。
こうした消えた河川巡りもなかなか楽しいものですね!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 湧水・水景色 | コメント:0 | トラックバック:0
<<駒沢大学日曜講座坐禅会紹介&禅文化歴史博物館で秋季特別公開として11/2から道元禅師真筆『正法眼蔵 嗣書』が展示されます | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 旧井草川紀行~ちょっと寄り道して「ちひろ美術館」で昼食です~>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。