The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
鳴門海峡うずしおの迫力!~大鳴門橋の上から下から~
2013-11-02 Sat 19:30
少々古い写真で恐縮ですが、2008年11月に鳴門のうずしお観光に行った際の写真です。

まずは大鳴門橋の橋桁内(車道の下)に造られた海上遊歩道「渦の道」から眺めたうずしおです
迫力

海上45メートルのガラス床からのぞき込む渦潮は、吸い込まれそうでスリル満点です。
小さな船がうずしおに近づいてきました。
船突入直前

うずしおに突入です! 大丈夫なんでしょうか?
船突入2

うずに翻弄されているようにも見えます。
船突入

ガラス床に乗ってみました!
「ジャンプ禁止」の文字が---
飛び跳ねる人、必ずいると思います。
立ってみました

ガラス床はこんな感じです。迫力満点、徳島旅行の際には外せない観光地ですね。
覗く

今度は船に乗り、下からうずしおに突入です。
潮流の満潮(北流)、干潮(南流)の最速時刻が船乗り場に示してあります。
観潮には、この時刻を中心に、大潮は前後2時間、中潮は前後1時間半、小潮は前後1時間
までが最適とのことです。
橋下から

水面が波だってきました。
斜めから

あまり迫力ないですが、うずしお突入している場面だと思います。
鳴門大橋

ここは海ですが、川の激流のようです。
すれ違い
昔、国立公園シリーズの記念切手で「瀬戸内海国立公園 鳴門の渦潮」を持っていたことがあ
ります。切手そのままの風景で、感動しました!!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | ぶらり旅 | コメント:2 | トラックバック:0
<<プチ旅行気分?~「ホリデー快速ビューやまなし(215系)」での三鷹⇒立川の旅~ | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 駒沢大学日曜講座坐禅会紹介&禅文化歴史博物館で秋季特別公開として11/2から道元禅師真筆『正法眼蔵 嗣書』が展示されます>>
この記事のコメント:
はじめまして。
鳴門と云えば、川端龍子氏の「渦潮」です。
 http://yuusuke320.blog115.fc2.com/blog-entry-1032.html
都内にお住いなら1度行かれてはいかが?

11・12月に館林鉄旅散歩を考えております。 ご一緒しませんか?
2013-11-07 Thu 10:27 | URL | yuusuke320 #-[ 内容変更]
Re: はじめまして。
yuusuke320様
一度、川端龍子氏の「渦潮」ご紹介ありがとうございます。迫力ありますね、ぜひ一度見に行きたいと思います。
2013-11-09 Sat 20:55 | URL | zataro50 #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。