The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
北国街道小諸宿の10年前の宿場風景
2013-11-11 Mon 19:30
前回の海野宿に引き続き、北国街道の宿場町紹介です。

写真は、北国街道小諸宿の本陣兼問屋場として使用されていた旧上田家住宅です。
現存する問屋場建築はあまり例がないということで、主屋と表門が国の重要文化財に指定さ
れています。
FH030008.jpg

建物は、旧北国街道が下る場所に建っています。
ちょうど建物前をおじさんが通っていきました。
FH030009.jpg

旧脇本陣の「粂屋」さんの建物です。赤ポストと〒マークがいい味出しています。
脇本陣というと格式高そうな感じですが、こちらの建物、旅籠風で親しみわきます。
FH030005_20131110193604e0c.jpg

長野県小諸市本町2丁目の大塚本店です。
「あさまおろし」というお酒がこちらのお酒です。
FH020019_20131110191509b6d.jpg

創業1808年(文化5年)創業の「丁子庵」さんです。
FH020022_20131110194035491.jpg

この建物は1885年(明治18年)に建てられた土蔵です。
FH020021_20131110191505abb.jpg

北国街道は、高いところを通っていますが、ふと脇を見ると茅葺屋根が見えました。
FH020016_201311101917423bb.jpg

今風の民家の中に1軒建つ茅葺き屋根のお宅、意外に目立つものですね。
FH020017_2013111019174409e.jpg

小諸らしさ感じる町並みです。
FH020008_2013111019173983a.jpg

1674年創業、300年以上味噌を造り続けてきた「山吹味噌」です。
FH020003_2013111019174552a.jpg

荒町にある菓子「風味堂」です。
今もこの店舗で営業継続中でしょうか?
FH010019.jpg

大正10年創業、肥料、農機具を扱う「渡辺作意商店」です。
重厚感ある建物ですね!
FH010007_20131110192022fd5.jpg

古い商家建築が並ぶ荒町の風景です。
FH020002_2013111019202204e.jpg

こちらも先ほどの「渡辺作意商店」と似たような重量感あふれる建物です。
FH010008.jpg

窓の桟というのでしょうか?
なかなか迫力ある造作の建物です。
FH010014_2013111019202406d.jpg
小諸は、千曲川沿いにある島崎藤村ゆかりの「中棚荘」に何度か泊ったことがありますが、
北国街道側はしばらく歩いていません。
中棚荘のりんご風呂&小諸宿を目的にまたこの界隈を歩いてみたいと思います。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | ぶらり旅 | コメント:2 | トラックバック:0
<<10年前の所沢旧市街の風景 | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 北国街道の宿場町~10年前の海野宿(うんの)の風景~>>
この記事のコメント:
奇跡の建物群
うーんとうなってしまうしぶい建物ばかりですね。
日本文化に対する自信と哀愁を感じます。
問屋場は時代劇小説に出てきますが、・・・しみじみながめました。
酒屋、味噌屋、蕎麦屋、たたずまいがいいですね。よくまあこの姿で残っていましたね。
丁子屋ののれんにあるデザイン化された印「T ・」がおもしろいです。
建物もすばらしいが、レンズを通じてそれをとらえる慈しみの眼を感じます。
小諸に行ってみたくなりました。たとえ一部が無くなっていたとしても・・です。
2013-11-12 Tue 10:48 | URL | 屋形船 #-[ 内容変更]
屋形船様
コメントありがとうございます。丁子屋さんのノレン、確かになかなか斬新なデザインですね! 最近の様子、また確認してきたいと思います。屋形船様もぜひ一度おすすめです。
2013-11-14 Thu 01:41 | URL | zataro50 #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。