The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
深大寺の白鳳仏(銅像釈迦如来倚像「重要文化財」)は、上野に出張中でした!
2013-11-17 Sun 19:30
(前回から続きます)
深大寺境内に入ります。
1695年(元禄8年)に普請され、境内現存の最古の建物、山門をくぐります。
PB169131.jpg

幕末の大火後(1867年 慶應3年に再建された元三大師堂です。
内部には慈恵大師像が安置されています。
ちょうど七五三の時期でおじいちゃん・おばあちゃんを伴った親子連れの姿が目立ちました。
PB169143.jpg

2013年11月16日(土)現在の深大寺の紅葉です。
PB169154.jpg

もう少しで紅葉ピークという感じでしょうか?
PB169161.jpg

青空を背景に赤・黄・緑の葉が色鮮やかでした。
PB169170.jpg

こちらは、深大寺のシンボル的な存在である白鳳仏(銅像釈迦如来倚像)です。
明治42年大師堂檀下から見つけられた7世紀末の製作とみられる、関東を代表する金銅仏
です。国重要文化財に指定されています。
PB169146.jpg

2013年9月3日(火) ~ 11月24日(日)までの期間、興福寺の銅造仏頭(国宝)とともに
東京藝術大学大学美術館に展示されています。
Epson_20131116132714_20131117155745408.jpg Epson_20131116132535.jpg

ということで、この期間は模造仏が鎮座されていました。
PB169144.jpg

崖際に延命観音様をお祀りするお堂があります。
PB169173.jpg

秋田の象潟港の工事の際に引き上げられたという由来が書かれています。
PB169174_20131117161150b5d.jpg

ライトのあたった部分に観音様像が彫られています。
こんなに素晴らしい観音様が彫られた大石が海から引き上げられたとは驚きです。
短いお経「延命十句観音経」を唱え、お詣りしました。
PB169175.jpg

深大寺裏手にある深大植物園方向へ向かいます。
このあたりも緑のアーチがきれいでした。
PB169178.jpg

深大植物園の入口周辺にも蕎麦屋さんがあります。
まだ、お昼まで時間がありますので、ここは我慢することにしました。
PB169180.jpg
次回も少し深大寺紹介を続けさせて頂きます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 寺社仏閣 | コメント:0 | トラックバック:0
<<深大寺散歩~締めはやはり蕎麦ですね~ | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 秋の深大寺(東京都調布市)~水風景編~>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。