The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
深大寺散歩~締めはやはり蕎麦ですね~
2013-11-19 Tue 19:30
調布市立深大寺小学校です。
垂れ幕が校舎にかかっていましたが、こちらの小学校は今年開校140周年! この11月22
日には記念式典が行われるとのことでした。
深大寺小

門柱には、開校時の校名「弘道学舎」の名前が刻まれていました。
それにしても開校140周年とは歴史ありますね。
弘道学舎

深大寺小学校と道を挟んだ角地には、蕎麦の花が植えられていました。
蕎麦畑

古くから深大寺町の総鎮守として信仰を集めた青渭神社です。
本殿では七五三詣りの親子連れの姿が見られました。
あおい神社

青渭神社の大けやきです。
この角度からではわかりませんが、幹はかなり太い鉄柱で支えられています。
けやき

江戸名所図会にもその存在が記載されているとのこと。
当方、ちくま学芸文庫の「江戸名所図会」を愛読?していますが、精密な絵そのままの風景
が意外に残っている場所も多く、町歩きが楽しくなります。
けやき説明

再び深大寺方面に戻ります。
坂の途中の崖に写真の建物がありました。
こういう小部屋で寝ころびたくなりました。
小屋

神代植物園の分園として開園した神代水生植物園です。
低地に湧き水が流れ込み 、小川や池が出来て湿地帯になっています。
水生

神代水生植物園の脇の坂道を登るとそこは旧深大寺城址です。
深大寺城

坂を上がり切ったところは、広々とした広場になっており、写真のようなオブジェのような植生
も見られました(何という植物でしょうか?)
すすき


16世紀に扇谷上杉氏は防衛ラインとして利用された古城です。
以前紹介の富士見市の難波田城ゆかりの難波田氏がこちらのお城を増築するなど関係が
あったようです。
城説明

見事な空濠が残っています。
空堀

深大寺城の隣にあるテニスの名門「桜田倶楽部」です。
松岡修造さんもこちらのテニスクラブ出身と看板に書かれていました。
桜田倶楽部

ずいぶん歩き回りお昼近くになってきましたので、いよいよ昼食です。
深大寺といえば蕎麦ですので、迷わず蕎麦を食べることは決定なのですが、どこで食べるか
が難題です。
植物園側蕎麦屋

こちらは神代植物公園側にある蕎麦屋さんです。
看板

こちらは山門脇のお蕎麦屋さんです。
PB169155.jpg

お茶のサービス、いいですね。
お茶

くずきりきり餅もおいしそうでした!
PB169254.jpg

結局、山門目の前にある「そばごちそう門前」に入りました。
席

「手打ち粗挽き蕎麦」(840円)です。
おいしく頂きました!!
蕎麦

今回は、車で行きましたが、吉祥寺駅、三鷹駅からバス便も出ています。
バス停
紅葉の見頃はこれからだと思います。
今度の土日など気軽な観光地として深大寺散歩などいかがでしょうか!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<豊島屋酒造(東村山)蔵開きへ行ってきました! | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 深大寺の白鳳仏(銅像釈迦如来倚像「重要文化財」)は、上野に出張中でした!>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。