The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
豊島屋酒造(東村山)蔵開きへ行ってきました!
2013-11-21 Thu 19:30
2013年11月17日(日)は、成願寺坐禅会のメンバーの方2人と東村山市にある豊島屋酒
造の「蔵開き」に行ってきました。

どういうご縁かといえば、10月5日に立川の酒造会館で行われた『全国152蔵の美酒~きき
酒会』
で同じ会場で責任者の役割をされていたのが、ここ豊島屋酒造の方で、その方から11
月17日に蔵開きを行うとの話をうかがい、今回参加となったものです。

写真は、東村山駅に飾られていた酒樽です。
豊島屋酒造の蔵開きのPRしていました。
駅の案内

当日は、9時30分に東村山駅で集合。
蔵開きは、10時からですので、その時間にあわせて豊島屋酒造へ向かいます。
10時少し前に到着した時には、既に300mくらいの行列が出来ていました。

タンクに見える豊島屋のお酒「金婚」は、明治神宮、神田明神、山王日枝神社、東京における
主要三大神社すべてに御神酒として納める唯一の清酒だそうです。
豊島屋酒造

当日は普段はもちろん足を踏み入れることが出来ない酒蔵内部まで入ることができました。
タンクの中には、もちろんお酒が入っています。
蔵の中

こちらの井戸は、建物内にある旧井戸です。
井戸

蔵内部の見学を終え、外へ出ると試飲コーナー等に向かう行列がすでにできていました。
行列

仕込み水を味わうことも出来ました。
雑味の無いおいしいお水でした!
仕込水

麹の試食?コーナーもありました。
甘みのある滋味豊かな味わいでした。
麹

構内広場には、お祭りのように焼きそば、甘酒などのテントが立ち、皆さん日本酒と各種おつ
まみを楽しんでいました。

下の写真は、今日の蔵開きを記念しての関係者による鏡開き(鏡割り)のシーンです。
鏡割
蔵開きの行事、東村山では恒例行事のようになっているようで、皆さん好きな食べ物を食べな
がら各々新しい日本酒を秋空の下、楽しんでいました。
当方、初めて蔵開きという行事に参加しましたが、なかなか活気溢れる素晴らしい行事でした。
来年もぜひ来てみたいです!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 町歩き | コメント:0 | トラックバック:0
<<東村山界隈にはお宝たくさんあります~元弘の碑&国宝建造物正福寺地蔵堂~ | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 深大寺散歩~締めはやはり蕎麦ですね~>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。