The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
果たしていない夢~JR(国鉄)全線完乗~に再チャレンジしようかな!?
2012-05-06 Sun 18:14
1980年代前半の学生時代に鉄道研究会に所属していました。

この時代といえば
 ・1978年 宮脇俊三 『時刻表2万キロ』刊行
 ・1980年 国鉄「チャレンジ2万キロ」開始
 ・1984年 石野 哲 『時刻表名探偵』刊行(ちょっとマイナーですが)
という国鉄全線完乗が盛り上がった時期にちょうどあたります。

雑誌としては、今も健在の「鉄道ジャーナル」「鉄道ファン」「鉄道ピクトリアル」の
3大鉄道雑誌が当時からありましたが、軟弱?な当方は、「ピクトリアル」は手に
取るのも恐れ多く、もっぱら「旅と鉄道」の種村直樹さんの乗車記などを好んで
読んでおりました。

分野としては、ご多分に漏れず「全線完乗派」に所属。
交通公社の時刻表(大きな弘済会時刻表もありましたが、交通公社時刻表派が
多数だったと思います)を毎月買っては、読みふける毎日でした。

当時チャレンジ2万キロは、何となく学生が参加することが恥ずかしい?風潮が
漂っており、参加はしませんでしたが、、ワイド周遊券で周遊期間内を乗りつぶし
てはB券に小さな下車印を押してもらうことを楽しみにしておりました。

卒業後は鉄道趣味も後退しつつありましたが、周辺メンバーの中に
「たなぼた全線乗車」
する者があらわれ始めました。

これは何かというと、今まで未乗区間として残っていた路線が、国鉄のローカル線
廃止の流れ(1984年以降~民営化時代)により、廃線となり、「棚からボタ餅」のよ
うに全線完乗が出来てしまうこと
を表現したものです。
(例えば、会津の日中線のみ未乗線区として残っていたのに、日中線廃止により自
動的に100%完乗達成してしまったような状態)

決して自慢できる完乗ではありませんが、記録的には完乗になります。

当方も国鉄→JRの時期に乗車%が自動的に高まった時期がありますが、どちらか
というと廃止路線中心に乗っていたため、あまりその恩恵?は受けませんでした。

★例えば、北海道の未乗線区は留萌~増毛間などです。幌延~(羽幌線)~留萌
~(留萌本線)~深川は乗っているのですが、乗り残したこの区間は廃線の波にも
生き残り、未乗線区としてポツンと残っています。
★留萌~増毛間をあえて乗り残したのは実は理由があります。当時、高倉健主演
「駅 STATION」という映画が上映されており、その舞台が増毛駅前の
「風待食堂」でした。全線完乗するなら、増毛駅最後もいいな~との思いもあり、あ
えて乗り残した次第です。

最近ブログを始め、同好の皆さんのブログを拝見させて頂くにつれ、全線完乗への
再チャレンジの気持ちが少し湧いてきたところです。
今後とも宜しくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ ブルートレインへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 鉄道 | コメント:0 | トラックバック:0
<<二眼レフ「ローライフレックス3.5F」で見た風景~葛飾柴又帝釈天&矢切の渡しの向こう側~ | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 6月以降の中野成願寺井上貫道老師坐禅会スケジュールです>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。