The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
湯の町別府の路地風景(2006年)
2013-12-14 Sat 19:30
またまた古い写真で恐縮です。
2006年に大分に行った際に歩いた湯の町別府の写真です。

まずは、寺社仏閣のような共同浴場「竹瓦温泉」です。
明治12年創設で、当初建築されたものは竹屋根葺き、その後改築されたものが瓦葺きで
あったため、竹瓦温泉の名称がついたと伝えられています。

現在の建物は昭和13年に建設されたもので別府温泉のシンボル的な存在となっています。
Df14.jpg


市営温泉の中でも別府駅に近く、電車の待ち時間を利用して別府温泉を楽しむことができる
不老泉です。
残念ながら改築工事のため、平成26年7月末まで休館中のようです。
PA292357.jpg

飲み屋街の真ん中にあった素朴な足湯です。
さすが湯の町ですね。
Df16.jpg

以下は、別府の町をぶらぶら歩いて目についた風景コレクションです。
Df25.jpg

消えかけた「駐車禁止」の文字がいい味出しています!
Df26.jpg

路地の風景です。
「スナックサニー」いい響きのスナックですね。
Df37.jpg

朝の散歩でしたので、人通りも少なくひっそりしていました。
Df34.jpg

Df36.jpg

上と下の建物のアンバランスさが魅力的な建物です。
Df29.jpg

「お茶漬柔」
夜、小腹がすいたときにぶらっと入りたくなるような店構えです。
Df39.jpg

こういう路地がある町はやっぱり散歩して楽しいです。
PA292360.jpg

正面にお寺の山門が見えます。
浄土真宗本願寺派「西法寺」だと思います。
Df41.jpg

「洋服病院」  いいネーミングですね。
Df33.jpg

今も健在でしょうか?
最近見かけなくなったホーム上の洗面台です。
かっては、夜行列車が到着するたびに、顔を洗う旅行客で賑わったことと思います。

こうした駅の洗面台の蛇口には、ピンクや水色のアルマイトのコップがよくぶら下げられていた
こと、思い出します。
PA292364.jpg
写真整理をしていて見つけた別府路地風景でした。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 温泉 | コメント:0 | トラックバック:0
<<富士川サービスエリアからの霊峰富士 | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 2013年に再開発の始まった新宿けやき橋商店街のローライ写真です>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。