The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
鎌倉長谷寺門前 一度は泊ってみたい宿 「対僊閣(たいせんかく)」の佇まい
2013-12-17 Tue 19:30
江ノ電「長谷駅」から徒歩5分ほどのところに坂東三十三カ所第四番札所でもある浄土宗
「長谷寺」があります。
ご本尊は、その巨大さ(高さ9.18m!)に誰もが驚く木造十一面観音様です。
こぶ

この長谷寺の門前に旅館「対僊閣(たいせんかく)」があります。
参道

こちらの旅館、つげ義春さんの『新版 貧困旅行記』(新潮文庫)にもご家族でこちらに宿泊した
記事が出ていますので、つげファンにとってはなじみ深い旅館かもしれません。
宿右から

こちらが旅館業を営み始めたのは、明治末期で、この建物は関東大震災の建築のようです
鎌倉市HP
宿左から

鎌倉の景観重要建築物指定第19番の建物で、玄関先にはその説明板が設置されています。
素泊まりで6500円程度とお値段も手ごろな旅館でぜひ一度泊まってみたいと思っています。
説明板

参道にある「刀剣」さんの看板です。
外国人観光客も多いですので、こちらで模造刀剣をお土産として買われる外国の方も多い
のだと思います。
刀剣

長谷寺近くの中華屋さんです。
壁の色合い、絶妙ですね。
中華

鳥居の向うに江ノ電が走る御霊神社です。
下の写真でもちょうど鳥居前を江ノ電車両が通過しています。
P1271671.jpg

御霊神社から海に向かいます。
「なぎさ動物病院」 鎌倉らしいネーミングですね。
P1271677.jpg

看板に陽が当たって鎌倉らしい?雰囲気の写真になりました。
看板
日帰りで行くことが多い鎌倉ですが、ぜひ一度「対僊閣」に泊り、朝の長谷寺界隈を散歩して
みたいと思います。実現出来ましたらぜひレポートさせて頂きます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 寺社仏閣 | コメント:3 | トラックバック:0
<<鎌倉五山の第一位 臨済宗建長寺派大本山~巨福山建長寺の威容~ | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 2009年12月年末雪の山寺「立石寺」の風景>>
この記事のコメント:
しぶい建物が鎌倉の海沿いにありますね
 長谷寺のグロテスクな巨木のコブを十一面観音と最初に見立てた人はえらい。後の人はそういえばそうだの世界に生きています。
 つげ義春さんゆかりの宿屋、しぶいですねえ。私はフアンというほどではないけど好きです。むしろ宮本常一のフアンで商人宿、盗人宿、遍路宿という話を知ってから、旅籠、問屋場、本陣など古い宿屋の話はみんな好きです。 
 それから、中華料理店の中途半端な装飾もおもしろい。和中折衷ともいいがたく、笑ってしまいます。B級建築の哀愁を感じます。たとえ美味しくなくとも入ってみたい店です。
2013-12-18 Wed 00:35 | URL | 屋形船 #-[ 内容変更]
屋形船様
コメントありがとうございます。当方も宮本常一氏の世界が好きで岩波文庫「忘れられた日本人」は、バイブル的な存在です。忘れ去られたような古い商人宿に一人で泊まる世界に憧れております。今後とも宜しくお願い致します。
2013-12-18 Wed 01:25 | URL | zataro50 #-[ 内容変更]
撮られた建物群に宮本常一的視点が・・
 そうですか。「忘れられた日本人」は、私も一番の愛読書で、「土佐源氏」などは何度も読みました。そこには収録されていない「高野豆腐小屋」も好きで、文章に惹かれて和泉山系に登ったこともあります。いやあ数十年来の知己を得たような気持ちです。
古い建物を、愛情をもって撮られる理由がわかったような気持ちでもあります。

前回 云い忘れたことですが,遊郭の名残をとどめる建物もまたいいですね。
2013-12-19 Thu 11:32 | URL | 屋形船 #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。