The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
サラリーマンぷち風来坊の旅 夜行高速バスで日常から脱出するの巻
2012-03-29 Thu 23:46
ぶらっと漂泊の旅に出たくなる。

いつもの生活とは違う世界に浸ってみたい!

とはいうもののなかなか実行できずにいつものように何もせずに
土日が過ぎるが常ですが、こんなときにおすすめが夜行バスで
のぶらり旅です。

ポイントは金曜日に出発すること!

金曜日の夜行バスに乗れば土曜日朝には異次元空間(おおげさ
ですが)が広がります。

以前ですが、無性にどこかへ行きたくなって新宿から夜行高速バ
スに乗って岐阜に行ったことがありました。

新宿小田急前発 23:10分のパピオン号 隣の人に気をつかわな
くていい3列シートの快適バスです。もちろんトイレ付です。
(関市役所まで片道6300円です)

このときには、岐阜長良川鉄道の関から郡上八幡→美濃市を歩き、
名古屋から新幹線で帰りました。

以下その際の写真です
朝の関駅_convert_20120329232235 朝の郡上八幡_convert_20120329232553 美濃市_convert_20120329232737

朝早くからのんびりまち並みを歩き、日が傾きかけた時間に帰路に
向かいます。
家に着いてもまだ土曜日、明日もゆっくり休めます。

非日常の旅で命のエネルギーが供給されたような気がします。

金曜日夜からの夜行バスの旅、ぜひ一度お試しを!









スポンサーサイト

別窓 | バス | コメント:0 | トラックバック:0
<<懐かしい鉄道備品 車両冷水機の封筒型紙コップ | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 坐禅継続のための強力なサポーター 「雲堂(undo)」アプリを紹介です>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。