The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
新年を迎える準備進む井草八幡宮界隈の静かな年末風景
2013-12-29 Sun 12:20
昨日28日は、終日年賀状準備でした。
もう少し計画的に進めればいいのですが、毎年休み入りした初日にすべてをこなしています。

昨年までは、外部に印刷を依頼していたのですが、今年はその機会も逸したので、年賀状
ソフトの画像を利用しての手作り?です。

宛名は、そのソフトで印刷しますので、昔ほど時間はかからないのですが、毎年作業を開始
してから必ず発生するのが、プリンターのインク切れです。
ということで、まずは近所の「コジマ」で予備のプリンターインクの購入から始めました。

そういうビジネスモデルということで了解済ではあるのですが、プリンターの交換インクは高い
ですね。
インク交換4~5回でプリンター本体価格になってしまいます。

男性用髭剃りの替え刃もそうです。
当方は、いつもブランド・シリーズ名を覚えていないこともあるのですが、替え刃のあまりの値
段の高さに躊躇して、かえって毎回「本体&サービス替え刃」のセット品を買っているような気
がします(その方が安い感じです)

閑話休題

下の写真は、コジマ善福寺店駐車場からの12月28日の青梅街道風景です。
「くら寿司」の裏手に広大な井草八幡の境内が広がっています。
コジマから

新年の初詣客を待つ静かな井草八幡の北参道です。
ゴミ一つない境内には、静謐な雰囲気が漂っています。
鳥居1

こちらは、5年に1度流鏑馬神事が行われる東参道です。
北・東とも巨大な鳥居ですが、上の写真と見比べると昭和33年建造・高さ9mの東参道の大
鳥居の”骨太感”が印象的です。

参道奥では、大晦日からの初詣客対応の屋台の準備が始まっていました。
鳥居2

善福寺コジマ店と井草八幡の間の道路が臨時駐輪場になります。
駐輪場

北参道交差点にある看板建築も健在です。
看板1

青梅街道と新早稲田通りの合流点にあたりますが、昔から交通の要所だったんだと思います。
「看板建築と庚申塔」なかなか絵になりますね!
看板&庚申

上を見上げると師走の冬の青空が広がっていました。
看板木

続いて青梅街道を少し荻窪側(四面道側)に戻ったところにある木造建築です。
こちらもまだ健在でした。
木造

お店を開いていた時期の記憶は当方ありません。
正面

トタン屋根を突き破って?と木がまっすぐに伸びています。
屋根からの木

庭には柿の木がありました。
柿
車の往来激しい青梅街道もこのあたりから武蔵野の雰囲気になってきます。

当方これから1/3まで宮城へ帰省してまいります。
宮城帰省に際しては、寝台特急「あけぼの」を利用して青森経由仙台行?を企てましたが、さ
すがに、この3月で廃止になる「あけぼの」はプラチナチケットとなっており、キャンセル狙いも
何度かチャレンジしましたが切符確保は出来ませんでした。

今回は、おとなしく?新幹線で帰省してまいります。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 寺社仏閣 | コメント:2 | トラックバック:0
<<仙台年末の風物詩~定禅寺通りの光のページェント~ | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 西荻窪の町並み紹介~昭和の洋館を利用した「ギャラリーMADO」など~>>
この記事のコメント:
迫ってきましたね。迎春ムード、好きです。
 ・年の瀬の空気感ただよう記事でした。私はまだ年が明けてないのに、「明けましておめでとう」と書くのはいかがなものか、ウソはつきたくない、という考え方で、年を越してから返事の賀状を書いてました。儀礼用の賀状と親睦用(手書き・挿絵入り}の二種類にわけて。集中しての作業で疲れましたが・・今は定年でベトナム暮らし、年賀状のないお正月もゆったりとして、またよろこばしからずやです。
 ・髭剃りの替え刃の話、リアルですね。替え刃が高価すぎるのに紛失したり、会社が違えば、互換性がないのに間違えて、違う替え刃を買ってむだにしたなど、何度か泣かされました。今でも替え刃がどこにしまっているのか、時々確認します。忘却癖はなはだしきゆえです・・
・寝台特急廃止の件、石破幹事長が「目覚めれば目的地、その良さがわからないのかなあ」となげいていました。名言ですね。鉄道フアンならずとも気持ちはわかります。
・井草八幡、立派な鳥居、さぞ近くに土着した源氏の末裔がいたのでしょう。
・屋根を突き破って育つプラタナス(?)の大木、家主は良寛さんのような心の持ち主でしょうね。
・前回の西萩窪商店街の「ピンクの像」は「ピンクの象」ではないでしょうか。(誤字の指摘、勇気がいりますが、見てみないふりをするな、が家訓ですので、わるくとらないでください)
2013-12-29 Sun 22:54 | URL | 屋形船 #-[ 内容変更]
屋形船様
いつもコメント頂き、ありがとうございます。ブログ更新の励みになっております。
東京駅は、民族大移動のようでしたが、無事に宮城に帰省できました。
今後とも宜しくお願い致します。
※ピンクの像、ご指摘の通りです。気がつかずそのままになっているところでした。ご指摘ありがとうございました! ご指摘大歓迎です!!
2013-12-30 Mon 11:51 | URL | zataro50 #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。