The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
千駄ヶ谷界隈散歩~鳩森八幡神社で富士山登頂しました~
2014-01-19 Sun 19:00
昨日は、午後から外苑で用事があり、千駄ヶ谷駅から外苑駅方面まで歩いて向かいました。

西荻窪駅からですと(西荻窪駅には土日運転のため中央線快速は停車しないため)「各駅で
四谷まで行って丸の内線⇒赤坂見附⇒銀座線」か、「新宿乗り換え⇒渋谷⇒銀座線」などい
ずれにしても乗り換えが必要で意外と面倒です。

そこで西荻窪駅から総武線各駅停車に乗車し、千駄ヶ谷駅で下車、千駄ヶ谷から外苑駅方面
に歩くことにしました。

千駄ヶ谷駅から徒歩5分、千駄ヶ谷1-1-24にあるのが「鳩森八幡神社」です。

神社の由来書を見ると
”860年、慈覚大師(円仁)が関東巡錫の途中、鳩森のご神体を求める村民の強い願
いにより、山城国石清水(男山ともいう)八幡宮に宇佐八幡宮を遷座し給うた故事にの
っとり、神功皇后・応神天皇の御尊像を作り添えて、正八幡宮とし尊敬し奉ったと伝え
られている。”

とあります。
P1100327.jpg

鳥居をくぐると狛犬様がお出迎えです。
P1100329.jpg

ご神木の大銀杏に対面し、ご神木を守護しているようにも見えます。
P1100328.jpg

境内には、将棋堂なるものがあります。
P1100330.jpg

日本将棋連盟の本部が千駄ヶ谷にあり、こうした縁もあり、こちらに将棋堂が建立されたよう
です。
P1100331.jpg

鳩森八幡神社には、もう一つ名物があります。
「千駄ヶ谷の富士塚」です。

寛政元年(1789)の築造と言わる富士塚で、円墳形に土を盛り上げ、富士山の溶岩は頂上
近くのみ配されているとのことです。
P1100332.jpg


荷物があったのですが、富士登山にチャレンジすることにしました。
なかなかの難所です。
P1100335.jpg

ようやく頂上征服(大げさですが)です。
山頂には写真のような小さな祠が祀られていました。
P1100336.jpg

山頂から眺めた境内です。
なかなかの高度感です。
P1100337.jpg

当日は、こちらで結婚式も行われていました。
結婚式場は、年月の経過により、そのうち姿を消す可能性も高いですが、神社は将来も残る
可能性が高いですので、思い出の場所の会場としていい選択ですね。
P1100343.jpg

つづいては禅寺 曹洞宗瑞円寺です。
こちらは、江戸時代には先ほどの鳩森八幡神社の別当寺でした。
P1100345.jpg

端正な佇まいの本堂です。
門前に通じる坂には榎坂という名が付いています。
P1100346.jpg

外苑前での用事も終わり、夜になりました。
今度は、国学院高校と神宮球場の間の道を通り、明治公園方面から千駄ヶ谷駅に向かいます。

実は居酒屋でしこたま飲んで食べてきたのですが、明治公園脇のホープ軒の黄色の看板を見
て吸い寄せられてしました。

ホープ軒は、1960年屋台から始まった人気ラーメン店です。
8時過ぎでしたが、土曜日の夜ということで、当方以外はほとんどタクシーの運転手さんがお客
さんでした。
写真は大盛ラーメン(850円)、なかなかのボリュームです。
20140118_210223.jpg

千駄ヶ谷駅前にある東京体育館には写真のような電飾(古くさい表現です)が飾られていまし
た。
東京体育館では、つい先日春の高校バレー、そして現在は卓球の日本選手権が開催中です。
P1100348.jpg

千駄ヶ谷駅の到着です。
前回、西荻窪駅の「大間のマグロ」看板をご紹介させて頂きましたが、こちらには本物の
スイセンが飾られていました(写真は昼間の写真です)
さすがに ”持ち帰りはご遠慮ください”と札がありました。
P1100349.jpg

千駄ヶ谷駅ホームには、先ほどの将棋ゆかりの駅ということもあり、写真のような将棋型の
水飲み場があります。
P1100350.jpg

裏には将棋盤がありました。
コマさえあればここで対戦可能ですね!
P1100351.jpg
以上、千駄ヶ谷界隈散歩でした!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 町歩き | コメント:2 | トラックバック:0
<<西荻窪駅南口 西荻六童子の一つ「花の童子像」です | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 西荻窪駅構内で見た「青森・函館」立体広告~力作で感動しました!~>>
この記事のコメント:
こんにちは。

実際に富士山の溶岩を持って来るということが行われていたんですね。流石にそれ程の量を持ち出す訳には行かなかったのでしょうが…。
2014-01-19 Sun 19:19 | URL | kanageohis1964 #-[ 内容変更]
kanageohis1964 様
コメントありがとうございます。わざわざ富士山に登り、重い岩石を持ってきた先人の努力が垣間見えますね。
2014-01-19 Sun 22:35 | URL | zataro50 #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。