The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
あけぼのメモリアル(その2)~青森駅でのEF81&DE10~
2014-03-02 Sun 19:40
(昨日記事から続きます)

長旅を終えたあけぼのです。
このシンプルで端正なヘッドマークも間もなく見納めになります。
ヘッドマーク

長岡から青森までのロングランを担当したEF81は到着後すぐに切り離しとなります。
連繋作業

夏の強い陽射しを浴びて、ブルーの車体が映えます。
正面

こうしてみるとそれほど老朽化していないようにも見えるのですが、ベースはもちろん国鉄時
代の車両ですのでメンテももう限界に近いのだと思います。
シングルDX

お客さんも降り、あとは車両センターへの回送を待つばかりです。
青森駅に着いた


客車連結

先程のEF81とは反対側に回送用のDE10が連結されました。
DE10.jpg

階段を上り、少し上の角度から撮影した写真です。
赤と青、国鉄時代を代表する組合せといえますね。
P8089538.jpg

車両入れ換え用に対応すべく開発されたDE10の運転席は横向きになっています。
P8089536.jpg

このホームの柱にくくりつけられた赤い巨大なリンゴですが、中に鉄道電話が入っています。
使用している場面に遭遇したことはありませんが---
P8089544.jpg

単機で車両センターへ向かうEF81です。
”長旅お疲れ様でした!”
戻るEF81

「あけぼの」も回送となりました。
1988年に廃止された青函連絡船の岸壁に繋留されている青函連絡船メモリアルシップ
八甲田丸見学に向かいます。

国鉄時代の青函連絡船には、夏の台風時、次の便から欠航になるという悪天候の中乗船し
た経験があります。

”揺れたこと揺れたこと!”

洞爺丸事故の再来か!と思いながらどうにか函館についたこと思い出しました。
ドッグ

船員さんが銅鑼を鳴らしながら船内に出航をしらせる光景、今となっては懐かしい限りです。
青函連絡船
にほんブログ村 鉄道ブログ ブルートレインへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 鉄道 | コメント:1 | トラックバック:0
<<新環状2号線(マッカーサー道路)脇にある日比谷神社 | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 『あけぼのメモリアル』~いよいよ2014年3/15ダイヤ改正で「あけぼの」の定期運行が終了になります~>>
この記事のコメント:
こんばんは。

寝台列車の鮮やかなブルー、美しいですね。
わたしも学生の頃、「だいせん」という20系の列車に乗ったことがあります。
一番後ろの車両がパノラミックで、福知山・山陰本線を真っ暗な中に、家の灯りがぽつぽつと流れるのをジョイント音と共に楽しんだのを思い出しました。
当時は、まだ旧型の客車やディーゼルの車両も多く走っており大阪駅も大賑わいでしたよ。
2014-03-02 Sun 20:55 | URL | ももぴー #Wy27359s[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。