The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
赤滝鉱泉再々訪問記(その2)~今回は2階部屋にお世話になりました~
2014-03-25 Tue 11:45
<その1から続きます>
宿に到着したのは、16時少し前です。

今までは、2回とも1階の角のお部屋でしたが、今回は初めて2階のお部屋でお世話になるこ
とになりました。

この建物は江戸末期の建物ということです。
下の写真右側廊下の先、右側にお風呂があります。

この階段周辺の雰囲気はとても作り物では出せない雰囲気です。
2階へ上がる階段

2階階段上からながめた1階の様子です。
正面ガラス戸のところが洗面所です。
2階から1階を眺める

ピンク電話も健在でした!
赤電話

2階廊下を階段を上がったところから見た写真です。
2階には部屋が3室ありますが、今日は1階・2階含めて宿泊客は当方一家のみの宿泊です
ので、前回同様10畳間2部屋を独占です。
廊下

こちらは、奥側から階段方面を見た写真です。
今はサッシになっていますが、昔は雨戸だったんでしょうか?
低い欄干が時代劇旅籠風です。
廊下2

部屋の入り口には、部屋番を記した番号札がありました。
今回は、5番・6番を占有です。
第六号

柱で見かけたプレートです。
電話番号(西那須野)三四五番! 時代を感じさせます。
家政婦紹介所

廊下から外へ目を転じるとすぐ目の前は川です。
この谷には、赤滝鉱泉の建物以外はありませんので、この川風景はこちらの宿の独占です。
廊下と川
<次回その3に続きます>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 温泉 | コメント:2 | トラックバック:0
<<赤滝鉱泉再々訪問記その3~部屋からの風景&お風呂・食事~ | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 赤滝鉱泉(栃木県矢板市)再々訪問記(2014年3月22日~23日)>>
この記事のコメント:
桃源郷のような・・
 しぶすぎる温泉宿ですね。
調べてみたら、かなり不便な所ですね、いやこの不便さが、この温泉のよさを、今に伝えているのでしょう。
桃源郷のような・・という形容がふさわしい温泉地ですね。
長い廊下も、木の階段も江戸時代をおもわせる雰囲気です。
 あまりサービス過剰な宿は苦手です。いい意味でほったらかし、で自然がいっぱい、お客への配慮はいきとどいている、まさに理想の宿です。
ぜひ行ってみたい温泉のNO、1になりました。
2014-04-05 Sat 08:51 | URL | 屋形船 #-[ 内容変更]
屋形船様
コメントありがとうございました。
今の時代、本当に貴重な宿だと思います。
宿の皆様も本当に自然体の応対で親戚の家に行ったような感じの宿です。
機会ございましたらぜひおすすめです。
2014-04-05 Sat 15:57 | URL | zataro50 #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。