The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
赤滝鉱泉再々訪問記その3~部屋からの風景&お風呂・食事~
2014-03-26 Wed 13:35
赤滝鉱泉その3です。

廊下から眺めた景色です。
部屋からも障子を開ければ、この景色が寝ながらにして独占できます。
部屋の角

中川(ちゅうかわ)という名前の川のようです。
よく見るとヤマメなど川魚が泳いでいるのが確認できます。
滝

今やこれも懐かしいコイン式TVです。
通常放送を見る際には、”BS+を押してからチャンネルを合わせる”という少々高等テクニック
が必要です。
TV見る場合には、100円玉多めに持参することをおすすめします。
コインTV

お待ちかね、赤滝鉱泉の浴場です。
いつもきれいに清掃され、清潔に湯船は保たれています。
木の蓋を取って入ります。
蓋をあけた

初回の入浴の際は、お湯がかなり熱いと思います。
その場合には、赤いバルブを盛大に開放してちょうどいい温度まで湯温を調整下さい。
赤滝温泉の透明な源泉が湯船に注がれます。

こちらのお湯は空気に触れると赤くなるようです。湯船のお湯は赤滝の名の通り赤い鉄泉です。
赤いバルブ

タオルは、廊下にある物干し竿?にかけます。
本当に湯治気分が満喫できます。
聞こえる音は川のせせらぎだけです。
タオル

夕食は部屋食になります。
必要にして十分すぎる量の食事です(写真は4人分)
どの料理も食べやすくいつも満足です。御櫃のご飯の量も半端ではありません。

今回はビール中瓶3本頼みました。
おつまみとして、柿の種とあられを頂きました。
夕飯
「ぼっと川のせせらぎを聞きながら、本を読む」
なかなか実現できない生活が赤滝鉱泉では味わえます。
<次回で赤滝鉱泉訪問記は最終回です>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 温泉 | コメント:0 | トラックバック:0
<<赤滝鉱泉再々訪問記(最終回)~大変お世話になりました!&烏山線キハ40~ | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 赤滝鉱泉再々訪問記(その2)~今回は2階部屋にお世話になりました~>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。