The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
赤滝鉱泉再々訪問記(最終回)~大変お世話になりました!&烏山線キハ40~
2014-03-27 Thu 17:11
(その3から続きます)
山間の宿でもあり、夜はかなり冷え込みましたが、布団には昔懐かしい湯たんぽを準備頂いて
おりましたので、川の音をバックグラウンドミュージックにして熟睡できました。

赤滝鉱泉での夜が明け、部屋での朝食です。

必要にして十分すぎる内容です。御櫃のご飯も朝も山盛りで準備頂きました。
朝ごはん

気さくな宿のおばあちゃんにお別れの挨拶をし、若女将さんに矢板駅まで送って頂きました。
(送迎は片道1000円です)

また必ず参ります!
宿全景

矢板から宇都宮まで普通列車に乗り、帰りもまた湘南新宿ライン逗子行きに乗車です。
それにしても宇都宮から鎌倉を通って逗子まで1本で行けるとは世の中便利になったものです。

宇都宮駅でみかけた烏山線キハ40です。
キハ40

ホームにも大きな看板が出ていましたが、この3月15日のダイヤ改正から新型車両EV-E301
系「ACCUM」(アキュム)が投入されています。

この車両、大容量の蓄電池を搭載しており、電化区間では架線からの電力で走行し、同時に
蓄電池の充電も行います。
烏山駅には、専用の充電設備が設置され、ここでも充電が行われます。
非電化区間では蓄電池の電力で走行する最新型車両です。
赤キハ

最終的には、キハ40は全車両がこの新型車両に置き換わる予定ですので、烏山線のキハ
40の雄姿も近いうちには見られなくなります。

昨年末にも石巻線でキハ40に乗車しましたが、このキハ40、気動車らしい車両で当方好き
な車両なのですが残念です。
連結部
以上、春の赤滝鉱泉再々訪問記でした。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 温泉 | コメント:0 | トラックバック:0
<<杉並住宅地にあった古い商家建物 | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 赤滝鉱泉再々訪問記その3~部屋からの風景&お風呂・食事~>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。