The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
目黒川の桜&お七の井戸(目黒雅叙園)~今年は結果的に桜の名所に結構行っていました!~
2014-04-09 Wed 18:15
皇居乾通り開放日初日の4月4日は、目黒雅叙園で開催されていた朝のセミナーに参加して
おりました。

近くを流れる目黒川の桜をちらっと見てから、皇居に移動しましたので、当日は桜見物ダブル
ヘッダーになりました。

まずは、目黒雅叙園に入り口にあるお七の井戸です。

八百屋お七は、恋い焦がれた寺小姓吉三(人名については諸説あります)会いたさに自宅に放
火し、それが天和の大火になったと言われています(←説明板より)

その吉三がお七火刑後に僧侶となり、入ったお寺が、明治まで雅叙園エントランス付近にあっ
た明王院といわれています。
そうした由来もあり、雅叙園エントランスには写真のお七の井戸が今なお残っています。
お七の井戸

井戸には桜の木が1本ありました。
お七の井戸位置関係

雅叙園隣には、大円寺というお寺があります。
当方江戸観音霊場を以前廻った際には、白山の円乗寺でお七のお墓詣りをした記憶があります。
八百屋お七については、諸説あるようで、目黒と白山の関係、不明です。
大円寺

大火で亡くなった方々の供養のために建立されたと伝わる五百羅漢です。
石仏

本堂前には、金色の薬師如来様がお坐りになっていらっしゃいました。
薬師如来

最近目黒川の桜はTVでも必ず紹介されます。
以前はそれほどでもなかったような気がしますが---

目黒雅叙園近くの太鼓橋から見た権之助坂にかかるアーチ型の新橋です。
桜はちょうど満開でした。
目黒川橋

小さくてわかりにくいですが、桜見物のお花見クルーズの船が見えます。
目黒川舟
”今年の花見は何となく不完全燃焼だったな~”との思いが強かったですが、結果的には、
①目黒川、②皇居、③石神井公園、と都内の桜の名所を巡っていたことに気が付きました。

目黒川はついでの花見、皇居は乾通りが未遂に終わったこと、石神井公園は雨だったため、
不完全燃焼感を感じたんだと思います。
これだけ見ることが出来ましたので、今年の桜見物は◎ということで締めたいと思います。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 寺社仏閣 | コメント:0 | トラックバック:0
<<中央道経由大阪駅行き昼行特急高速バスの旅 | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 雷鳴る中の石神井公園の桜見物(今年の桜ももう見納めですね)>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。