The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
都立野川公園で湧水巡り(その1)
2014-06-15 Sun 19:30
ここのところなかなかのんびり散歩の機会がなかったのですが、6月15日Wカップ日本対
コートジュボアール戦の結果を確認してから、車で野川公園に行ってきました。

野川公園は、調布、小金井、三鷹の三市にまたがる広大な都立公園で、その中心は何と言
っても園内を流れる清流野川です。

吉祥寺まで長男を送る用事があったので、吉祥寺通りから東八道路を経由して野川公園に
向かいます。

右手が野川公園駐車場入口、中央の小さな木立の三角エリアは、幕末新選組近藤勇生家
跡です。
こちらについては、また別途ご報告の予定です。
駐車場入口

国分寺崖線に沿って小さな一級河川野川が流れ、その周りに広大な緑地が広がっています。
園内案内図

夏日の暑い日でしたが、園内ではバベーキューを楽しむ姿が見られました。
サッカー日本代表ニュニフォーム姿の方も見かけましたので、バーベキュー楽しみながら
日本戦を観戦されていたようです。
バーベキュー

当方も公園の一角にある売店で昼食を取ることにしました。
食事場所

カレーライス470円です。
レンジでチンしたものだと思いますが、ボチューム満点でなかなかのお味でした。
カレー

夏雲が広がっていました。
青空

まったくの自然公園のように見えますが、芝生の下には貯水池があるようです。
貯水池

東八道路をまたいでいよいよ湧水ゾーンに入ります。
連絡橋

東八道路は、東京西部在住の方はご存じだと思いますが、三鷹から国立方面へ向かう国
道20号のバイパス的存在の広い通りです。
東八道路

国分寺恋ヶ窪の日立中央研究所内の池を源流とする清流野川です。
多くの家族連れが水遊びを楽しんでいました。
野川風景

まずは、知識を得てからということで、園内の自然観察センターに立ち寄りました。
事務所

センター内部から見た野川方面の風景です。
事務所から見た野川

園内には、野川を説明する標識がたくさんありますので、便利です。
野川のあらまし

知識も得たところで湧水ゾーンである自然観察公園に向かいます。
野川の一日
(次回に続きます)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 湧水・水景色 | コメント:0 | トラックバック:0
<<都立野川公園自然観察園~国分寺崖線の湧水風景~(その2) | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 地元西荻窪で見かけた風景・風物>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。