The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
遅ればせながら新歌舞伎座へ行ってきました
2014-07-15 Tue 20:35
7月初めの雨の日に中央区役所近くの銀座ブロッサムで行われたチャリティ映画会(フランス
映画「最強のふたり」)に行ってきました。

主催は、社会福祉法人いのちの電話後援会。

「いのちの電話」は、年中無休24時間体制で電話相談を受け付けている団体ですが、今回は
そちらの関係者の方からチケットを頂いての映画鑑賞です。

開演は、14時でしたので、少し早めに銀座に着き、新装なった新歌舞伎座に立ち寄ってみま
した。
以前この界隈に勤めていたことがありますので、歌舞伎座のある東銀座は当方にとって懐か
しの場所です。

外観はあまり変わったようには見えませんが、内部は現代風に生まれ変わっています。

東銀座駅の地下は様変わり。
地味な駅でしたが、今や「木挽町広場」と称する巨大なお祭り広場のような売店や食事処が
広がっています。
ここだけでも十分楽しめます。

今回はエレベーターで、歌舞伎座ギャラリー、空中庭園のある歌舞伎座タワー5Fに向かい
ます。
歌舞伎座ギャラリーは有料ですが、フロアには歌舞伎の衣裳を着て写真を取れる写真館や
お土産物屋さんがあります。
着物

こちらが空中庭園です。
庭園

歌舞伎座の堂々とした大屋根が目の前に広がります。
屋根

空中庭園から朱塗りの外階段を下りると歌舞伎座ミニ博物館のようになっています。
ステンドグラス

歌舞伎座の模型もありました。
模型

昭和通り側の眺めたところです。
正面に見えるのがインド料理のナイルレストランです。
大通

旧歌舞伎座脇に「歌舞伎そば」というカウンター席のみのお蕎麦屋さんがあり、昼にはよく
通ったものですが、歌舞伎座の裏通りで今も営業している姿を発見!

懐かしい限りです。

今回は入らなかったのですが、年配ご夫婦が絶妙のコンビネーションで蕎麦を出していた
あのスタイル、今も健在でしょうか?
歌舞伎蕎麦

今回は歌舞伎座ご用達のオムライスで有名な「YOU」で昼食と相成りました。
実はこちらのオムライスは初めてだったのですが、評判通り”ふあふあとろとろ”のオム
ライスで感動物でした。
オムライス
腹ごしらえも終え、いそいそと映画鑑賞会へ向かい、「最強のふたり」を鑑賞、充実した1日
を過ごすことが出来ました。

新装歌舞伎座、結構楽しめます!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 町歩き | コメント:1 | トラックバック:0
<<炎天下の谷保天満宮詣り | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 三鷹大沢の里は新選組近藤勇ゆかりの地です>>
この記事のコメント:
キリスト教の怖さについて
キリスト教の怖さについて、ブログに書いています。
御一読をお願いします。
.
 題:その固定されたキリスト教意見に、洗脳されて・・、
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい)
.
 キリスト教聖職者や、キリスト教関係者の方々が・・、
 よく言う言葉に・・、
 「私は○○協会の『聖書、△△訳』をお薦(すす)めします」・・という言葉がある。
 これは、明らかに・・、
 キリスト教の方々は、口を閉ざしてはいますが・・
 「不良な『聖書』が存在している」ことを示している。
 本の名前こそ「聖書」としているが・・、
 「聖書に非(あら)ず」の表明となっている。
 本当は、すべてが「危険図書、不良書籍なのだ」が。
 人生を狂わせます・・が、
 そして、1例・・共同訳という聖書がありますが・・、
 つまり、キリスト教の各派閥が共同して訳したという版なのですが・・、そして、
 この版が・・よく・・推薦と言われているが・・妖(あや)しい限りです。
 1例を言えば・・、
 その各派閥がA説を持ち、また、B説を持ち、そして、C説を持っていて・・、その話し合いが、うまくまとまらなかったのだろう・・、
 その聖書には・・A説とB説とC説のすべてが・・書き込まれるという・・まったくのお粗末を演じている・・。
 宗教書としての意味が成していない・・主張点が無くなって、天に舞っているいるが如(ごと)きの、何ら役に立たない記述となっている。
 聖書それ自体がおかしい書籍なのだが、何をかいわんやである。低劣なことをやっている・・。信用はできません。
.
 (参考)なにをかいわんや【何をか言わんや】:何を言おうか,何も言うことはない。おどろきあきれて言うべき言葉もない。

 そして、次の話。
 キリスト教聖書は、昔話の物語のような単純な話ばかりだが、(つづく)
..
 (詳しくは、以下のブログへ)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009 /
2014-07-19 Sat 01:34 | URL | 高木康行 #4fB9XOpA[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。