The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
炎天下の谷保天満宮詣り
2014-07-21 Mon 20:59
サラリーマンから自由業になり、自由な時間が増えるかと思いましたが、なかなかそうは
いかず、かえって平日と土日の区別がない不自由な生活を送っております。

その関係もあり、なかなかブログ更新も出来ずにおり申し訳ありません。

さて、先週、ちょっとした用事があり、国立へ行く機会がありました。炎天下の中、これ幸い
ということで谷保天満宮からママ下湧水あたりを歩いてきましたので、そのご報告です。

まずは駅近くのロージナ茶房で腹ごしらえ。
古くからある国立の老舗喫茶店です。
隣に邪宗門がありましたが、こちらは2008年12月に残念ながら閉店しました。
ロージナ

こちらでは、いつもは辛い「ザイカレー」を食すことが多いのですが、季節のメニューとして
「夏野菜カレー」がありましたので頼んでみました。
ザイカレーに比べると辛さもまだ控えめでハヤシライス風のルーが美味しかったです。
夏野菜カレー

せっかくの機会ですので、谷保天満宮へ行くことにしました。
谷保天満宮は、南武線谷保駅を超えた国道20号沿いにありますので、炎天下の中、歩く
のは断念し、バスで移動です。

谷保天満宮のバス停を降りると目の前に谷保天満宮のうっそうとした森が広がっています。

この界隈、駅名も含めて「やほ」と呼ばれますが、「やぼ」という読み方が本来の読み方で、
こちら谷保天満宮も、もちろん「やぼてんまんぐう」と読みます。
谷保天満宮

鳥居をくぐると出雲大社のように参道は下っています。
鳥居

天満宮の名前の通り、菅原道真をお祀りした神社です。
道真公の三男道武公創建と伝わる東日本最古の天満宮です。
現在も宮司をつとめる津守氏は、道武公のご子孫といわれています。
説明板

国道20号からかなり下ったところに拝殿があります。
本殿

立派な狛犬さんが拝殿を守っています。
狛犬

天満宮にはつきものの牛もおりました。
道真公は牛をお気に入りだったようで、牛にちなんだ数多くのエピソードが伝えられています。
牛

拝殿手前にある滝です。
地下水を利用した滝のようですが、地形的にはいかにも湧水が湧き出ていそうなところです。
瀧

絵馬が飾られた板の裏にも先ほどの滝の水が流れています。
炎天下にはやはり水風景が一番です。
裏

なかなか年季の入ったベンチですが、文京の地、国立らしいベンチです。
ベンチ
谷保店天満宮境内には、常盤の清水という湧水池があります。
次回は、常盤の湧水からママ下湧水を巡ります。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 寺社仏閣 | コメント:0 | トラックバック:0
<<谷保天満宮境内 厳島神社&常盤の清水 | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 遅ればせながら新歌舞伎座へ行ってきました>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。