The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
年末帰省旅~「リゾートみのり」で陸羽東線を新庄から鳴子温泉「ゆさや」へ~、
2015-01-09 Fri 22:00
(その1から続きます)

新庄駅界隈で2時間の待ち時間を過ごし、15時発の「リゾートみのり」で今宵の宿 鳴子温泉
へ向かいます。

「リゾートみのり」には、2012年12月29日上野発の今は無き寝台特急「あけぼの」で青森ま
で行ったとき、今回の同様新庄から乗車する予定があったのですが、あまりの大雪で運休で乗
り損なったことがあります。

その時の「あけぼの」乗車記です。遅れに遅れ何と青森へは3時間以上の遅延で特急料金の
払い戻しを受けました。

今回も大雪でしたが、定刻通りに新庄駅を発車します。
この姿形で実はキハ48です。
翌日には石巻線のキハ48にも乗車しましたが、とてもあの無骨なキハ48とは同じ型式とは
思えない変身ぶりです。
みのり

「リゾートみのり」室内です。
快速列車で全席指定席ですのでして指定料金のみで乗車可能です。
みのり室内

列車には社内販売もあり、乗客全員に下のような乗車記念ハガキが配られます。
乗車記念

運転席からの風景です。エンジン音はさずがディーゼルキハ48です。
運転席から

1時間で鳴子温泉に到着し、今宵の宿「ゆさや」へ向かいます。
宿に向かう途中にあったこけし工房です。
こけし屋

鳴子温泉駅から徒歩5分程度、創業380年鳴子温泉一の老舗旅館です。
こちらの旅館の当主は、代々遊佐勘左衛門(ゆざかんざえもん)を名のり伊達家によって「湯
守(ゆもり)」に称ぜられました。
夜の旅館の佇まい、なかなか絵になります。
ゆさや概観

全和室14室とそれほど大きな旅館ではありませんが、こちらの建物は国の登録有形文化財に
指定されています。

今回は玄関入ってすぐ右の「千草」というトイレ付に部屋になりました。
名物の内湯「うなぎ湯」にも近く何かと便利でした。
ゆさや縦
<次回はお風呂紹介です>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 温泉 | コメント:0 | トラックバック:0
<<2015年初坐禅会に参加してきました(成願寺井上貫道老師坐禅会) | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 年末年始宮城帰省旅~新庄・鳴子・石巻・多賀城~>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。