The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
2014年年末宮城帰省旅~石ノ森漫画館周辺の風景~
2015-02-10 Tue 21:20
(遅々とした更新になっておりますが、あせらずのんびりいきたいと思います)

本日の目的地である北上川中洲にある石ノ森漫画館に向かいます。

このあたりは、すぐ先が太平洋という北上川の最下流であり、東日本大震災で最も被害の大き
かったエリアです。

以前(2012/11/23I)の記事写真の再掲になりますが、震災前後の写真を掲載させて頂きます。
大きいサイズの写真が今回(2014/12/31)の写真で、小さいサイズの写真が震災前の写真です。

日和山から眺めた震災前の石ノ森漫画館がある中洲の風景です。
円形のドーム型建物が石ノ森漫画館です。

この中州には、ロシア正教の石巻ハリストス正教教会堂がありましたが(写真漫画館の右側の
緑の中に教会堂の建物が見えます)、津波後解体され、今この中州にはありませんでした。
FH010021.jpg

現在の中洲です。
写真のズーム率も異なり、比較しずらいですが、中洲の建物が無くなっていることがわかるか
と思います。
北上川

中洲にあったかっての「岡田劇場」です。
160年の歴史を誇る劇場で近在から観客が集まる娯楽の殿堂的な存在でした。
当方の両親も、石巻出身ですが、「この劇場には昔よくきた」と話をよく聞きました。
FH010003.jpg

この写真の際には、石巻ゆかりの方々の看板が立てられていました。
今は無き風景です。
FH010004.jpg

現在の岡田劇場跡地です。
建物は無くなりましたが、移動上映会などを行う興行会社として活動中です。
岡田劇場HPです。震災直後の写真も掲載されています)
岡田劇場跡

こちらは岡田劇場の向かい側にあった商店です。
FH010007.jpg

津波で今はご覧の通りになっていました。
商店跡

大晦日ということもあり、石ノ森漫画館は来客も少なく静かな営業でした。
写真は、館内レストランから眺めた日和山方面の景色です。
左端に見える橋が日和大橋で、その向こうが太平洋です。
レストランから

1階に仮面ライダーさんがいらっしゃたのでご挨拶です。
記念撮影には絶好のポジションです。
カメンライダー

漫画館見学を終え、日和山に向かいます。
日和山に向かう途中、振り返って眺めた現在の石ノ森漫画館です。
また、何度でも来たいと思います!
漫画館遠景
<次回の「日和山&仙石線紹介」で、このシリーズ完了としたいと思います>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 消えた光景 | コメント:1 | トラックバック:0
<<石巻日和山から仙石線で多賀城へ~仙石線もいよいよこの5月に4年2カ月ぶりに全線開通です~ | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 年末宮城帰省旅行~石巻線で石巻へ向かいます~>>
この記事のコメント:
石巻の風景に想う
 岡田劇場のHPを読みましたが、地域に根づいた娯楽施設の歴史がありました。津波は、今さらながら残念な出来事でした。
モダンな石ノ森漫画館のドームが、復興の象徴のように見えました。
 石ノ森さんは昔、石森章太郎といっていましたが、石ノ森と改めたのは、故郷の石巻(いしのまき)と平仄というか,音(おん)を合わせたのでしょうね。
SF界の先導的役割を果たした天才ですが、それ以前に、絵が抜群に巧いので、子どもの頃からファンでした。
2015-02-18 Wed 10:16 | URL | 屋形船 #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。