The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
小江戸川越紀行~最終回は喜多院周辺です~
2012-05-20 Sun 17:50
最終回は、川越観光の目玉の一つ喜多院周辺紹介です。

東電川越支社から2~3分で成田山川越別院につきます。
境内右手奥に小さな池があります。見づらい写真ですが、ここにはたくさんの亀
が甲羅干しをしています。
成田さん亀_convert_20120513133920
「鶴は千年、亀は万年」といわれますので、30年以上前高校生時代にここでお
会いした亀さんもまだご健在かもしれません。

成田山川越別院にも、連馨寺にもいらした”おびんずるさま”がおられます。
”こちらのおびんずるさま” 赤ではなく、黒いお姿です。
成田さんおびんずるさん_convert_20120513133755
成田山別院を出ると、そこが喜多院参道になります。

喜多院は、平安時代創建の古刹で、徳川家康の懐刀といわれた天海大僧正の
もとで関東天台宗の総本山として隆盛を極めました。

境内には、江戸城から移築された徳川家光誕生の間や春日局の化粧の間など
貴重な建物が残されています。
建物内は撮影禁止ですので、庭園写真を一枚。
喜多院庭_convert_20120513131623

書院拝観が終わったら、次は五百羅漢です。
(喜多院書院の拝観券で五百羅漢も拝観できます。入口は売店横になります。)

ここにおられる五百羅漢様、実は500ではく、総数は535体とのことです。
様々な表情の羅漢様が並んでいます。
マッサージを受ける羅漢様や、壷を持つ羅漢様など、ありとあらゆる姿の羅漢様
が並ぶ風景は見事です。
マッサージ羅漢_convert_20120513130703

羅漢空_convert_20120513142138

羅漢沢山_convert_20120513142300
この中に、お一人メガネをかけた羅漢様がいらっしゃいます。
このおかたです。
めがね羅漢1_convert_20120513130826
(下の写真クリックいただくとアップになります)
めがね羅漢2_convert_20120513130935
訪問の際は、ぜひ探してみて頂ければと思います。

喜多院の境内を更に奥に進むと日本三大東照宮の一つに数えられる東照宮が
あります。
この東照宮の階段下に写真のお団子屋さんがあります(川越は団子屋さんも多
いまちです)
あまり、こちらまで足を運ぶ人は少ないこともあり、比較的空いていますので、散
歩に疲れた際には、こちらのお店でお団子はいかがでしょうか!
東照宮団子や_convert_20120513141256

喜多院を出て本川越方面に戻ると鰻の名店「いちのや」「小川藤」などがあります。
焼きそば以外ですと、鰻がお勧めです。
いちのや_convert_20120513130207
(↑江戸時代から続く「いちのや」さんです)
小川藤_convert_20120513133130 小川藤室内_convert_20120513133233
(↑ 「小川藤」さんの外観と店内の様子です。)
大正浪漫夢通りの「小川菊」さんは、混んでいることが多いですが、こちらは比較的
待たずに坐れます(当方は、こちらにお世話になることが多いです。)

駆け足(&個人的に偏った紹介)のため、ご紹介できなかった見所もまだまだたくさ
んあります。

東京から土日町歩きにはちょうどよい距離の城下町&商家町です。
レッドアロー「小江戸号」でのんびりいかがでしょうか!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 町歩き | コメント:0 | トラックバック:1
<<西武新宿線上井草駅から「ちひろ美術館」~井荻の蕎麦屋さん「みわ」~散歩 | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 小江戸川越紀行~いよいよお目当ての焼きそばです~>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
最終回は、川越観光の目玉の一つ喜多院周辺紹介です。東電川越支社から2~3分で成田山川越別院につきます。境内右手奥に小さな池があります。見づらい写真ですが、ここにはたくさ... …
2012-05-20 Sun 20:06 まとめwoネタ速neo
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。