The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
大本山総持寺「禅の一夜」参加体験記~1泊2日の参禅研修です~
2012-05-21 Mon 20:54
以前、親子泊りの参禅「こども禅学林」のご紹介をさせて頂きましたが、
今回は一般参禅者が参加できる泊りの参禅研修「禅の一夜」を紹介させ
て頂きます。

「禅の一夜」は、過去何度か参加経験がありますので、その際の要領など
を例によってご紹介できればと思います。

この参禅研修は、月例坐禅会とは異なり、事前に往復ハガキで申し込み
が必要になります(総持寺のHPに申し込み要領がありますのでご参照
ください。)

申込みの際には第三希望まで記入して応募しますが、人気の研修でもあ
り、申込み前に電話で空き状況を確認してからハガキを出したほうがいい
と思います。

無事に参加OKとなったら、当日は午後13時過ぎに集合です(休日開催
ですので土曜日が初日です)

総持寺総受付である香積台に行くと受付テーブルが出されていますので、
ここで参加許可のハガキを提示し、参加費1万円を支払います。
(毎回参加者は、ほぼ男女半々くらいです。)

受付が終わると参禅者は、列になって宿泊場所である三松閣へ移動、男
女別に部屋に入ります。
宿泊場所は、15名くらいは宿泊可能な大部屋です(部屋にはトイレもあ
ります)

ここで用意されている袴に着替えるのですが、当方、袴をこの参禅会以前
に着たことがなく、初めてのときは戸惑いました。
幸い?袴初めての方も多かったので、まわりの人と確認しながらどうにか
着替えが終わりました。

着替えが終わるとまずは4階大講堂に移動して、坐禅指導です。
やはり坐禅経験者が多いですが、まったく初めてというかたもいらっしゃ
いますので、足の組み方、基本的な作法(合掌、合掌低頭、叉手)などに
ついて指導を受けます。

指導が終わるといよいよ坐禅です。
衆寮(一般参禅者の坐禅場所)へ着なれない袴の裾を踏まないように注意
しながら百間廊下を歩いて移動です。

初回の坐禅は、2回(途中で径行という歩く禅!が入ります)行います。
袴を着ての坐禅はやはり気持ちが引き締まります。
初回の坐禅ということで参加者の皆さんの緊張感のようなものを感じなが
ら、どうにか2回の坐禅を乗り切りました。
一安心です。

坐禅終了後は、いよいよ薬石(夕食)の時間になります。

長くなりましたので、以降は(その2)で紹介させて頂きます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 参禅会 | コメント:0 | トラックバック:1
<<大本山総持寺「禅の一夜」参加体験記(その2) | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 西武新宿線上井草駅から「ちひろ美術館」~井荻の蕎麦屋さん「みわ」~散歩>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
以前、親子泊りの参禅「こども禅学林」のご紹介をさせて頂きましたが、今回は一般参禅者が参加できる泊りの参禅研修「禅の一夜」を紹介させて頂きます。「禅の一夜」は、過去何度か... …
2012-05-22 Tue 01:51 まとめwoネタ速neo
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。