The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
阿佐ヶ谷パールセンター~権現みちと呼ばれた鎌倉古道です~
2014-01-11 Sat 19:30
夏には七夕の舞台となる杉並区を代表する商店街の一つ「阿佐ヶ谷パールセンター」の昼
風景です。
今回は青梅街道側から阿佐ヶ谷駅方面に抜けました。

青梅街道沿いには、阿佐ヶ谷区役所があります。
区役所内の売店では、まだ「なみすけふりかけ」を販売していました。

区役所青梅街道側にある演劇風?銅像です。
区役所銅像

青梅街道側パールセンター入り口です。
青梅街道入口

このあたりは、まだアーケードになっていません。
通り

このあたりからアーケードが始まります。
途中入口

なかなか複雑な造形の屋根ですね。
屋根2

アーケード中程にある庚申塔です。
庚申横

この通りがかって「権現みち」と呼ばれ、かっての鎌倉古道であることことが説明されています。
説明文

賑やかなアーケード街の真ん中にこうした庚申塔が今も残されていること、貴重ですね。
庚申

近代的に見えるアーケードですが、上を見上げると昔ながらの面影がうかがえます。
昔ながら

アーケードの横道ですが、赤い椅子が並べられていました。
行列のできる人気店でしょうか。
赤い椅子

小説家ねじめ正一さんのお店(民芸品)です。
ねじめ

東京おでんの具を売るお店です。
ここまでていねいな説明があると何だか買ってみたくなります。
おでん2

こちらのお茶屋さんも歴史ありそうです。
お茶屋

微妙にカーブを描くパールセンターを抜けて阿佐ヶ谷駅につきました。
ここにもパールセンターの歴史が詳しく説明されています。
説明

見事なドームですね。
杉並を代表する活気あるアーケード街、古道の面影を思い浮かべながらのんびり散歩する
のに相応しい商店街です。
ドーム
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
ショーケースに猫がいる風景~押上界隈だったと思います~
2014-01-08 Wed 19:30
写真を眺めていて気になった1枚です。
今はスカイツリーがそびえ立つ押上界隈で撮影した写真です(2004年4月)
FH010012.jpg
お宅の前に鎖でつながれたワンちゃんが寛いでいます。
そして警視庁のシンボルマスコットである「ピーポくん」の下に何やら猫らしきものが---
背中を丸めて入って?います。
写真を拡大してみましたが、やはり本物の猫のようです。
ちょうどショーケースに入り込んだところを撮影したんだと思います。

不思議な感じで気になった写真です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
西荻窪路地裏の定食屋~「多摩家」さんの佇まい~
2013-12-25 Wed 19:30
西荻窪は、当方にとって西荻窪駅が毎日通勤の帰りの下車駅ということもあり、地元と言っ
てもいい街です。

骨董品屋の密集地帯として知られていますが、”夜の神保町”とも呼ばれるほど深夜まで
開いている古本屋さんが多い街でもあります。
会社帰り遅くなっても古本屋巡りが出来ますので本好きには理想的な街です。

地元ではありますが、歩くのは自宅がある側の北側中心で、南側は特別な用事がない限り
なかなか歩きません。
天皇誕生日の月曜日の夕方、前回の五日市街道経由で久しぶりに南側をぶらっと歩いてみ
ました。

写真は、以前から気になっている食事処「多摩家」さんです。
PC239738.jpg

西荻窪には、個性的な飲食店が多い街ですが、路地裏には多摩家さんのような懐かしい定食
屋さんもまだまだ残っています。
この雰囲気、いいですね!
PC239739.jpg

多摩家さんの路地を抜けたところにある昭和レトロな建物です。
PC239740.jpg
「多摩家」さん、実は当方まだ未踏の食堂です。
夜ぶらっと入ってビールでも飲みながら食事してみたいと思います!
(お店の住所は、杉並区西荻南2-9-10です)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
吉祥寺の老舗焼き鳥屋 新旧いせや風景(本店&公園通り)
2013-12-22 Sun 19:30
住んでみたい街ランキングでは、いつも上位にランクにランキングされる中央線吉祥寺駅界隈
の新旧風景です(いずれの写真も旧写真は2004年8月、新写真は先週2013年12月15日
の写真です)。

まずは、吉祥寺といえばここ焼き鳥「いせや総本店」です。
こちらは、吉祥寺駅に近い御殿山にある本店の建て替え前の姿です。
FH030023_201312220829424eb.jpg

亡くなったフォークの高田渡さんがこちらの常連であったことは有名です。
映画『タカダワタル的』にもこちらは登場します。

旧店舗は、老朽化のため、2006年9月で休店し、2008年5月から同じ場所で営業を開始
しています。
FH030003_2013122208294008c.jpg

下の写真は、現在(2013年12月)のいせや総本店です。
14階建のビルの1・2階で営業をしています。
本店ビル

店内から焼き鳥を焼く煙が外へ流れている風景は、以前とまったく変わりません。
まったくの改築ですが、旧店舗の雰囲気を色濃く残して建て替えれている印象です。
いつもこの焼き鳥を焼く煙と匂いに引き寄せられます。
煙

常連さんの多い店ですので、旧店舗は初めての方は少々敷居が高い?感じがありましたが、
新店舗は雑然感が少し少なくなった分、初めての方でも入りやすいかもしれません。

最近はわかりませんが、昔は吉祥寺のある成蹊大学の打ち上げなどが2階でよく行われていました。

地下には直営店のしゃぶしゃぶ・すきやきの専門店「いせや」があります。
新のれん

続いて井の頭公園入口に建つ「いせや総本店」井の頭公園店の旧店舗の風景です。

公園店も本店に遅れること4年後の2012年7月で営業を終了、改築工事を経て今年2013年9月
に新店舗で営業が始まりました。

看板先の木々が見えるところが井の頭公園です。
公園いせや2

いつも公園帰りのお客さんで賑わっていました。
公園いせや縦

こちらは、改築後2013年12月の「いせや総本店」公園通り店の風景です。
本店に比べると雰囲気の変化が大きい感じです。
PC159666.jpg

見ようによっては、高級料亭のようにも見えなくはありません。
PC159665.jpg

続いて井の頭公園ついでに井の頭池池畔にある茶店2軒の新旧です。
まずは、「名物井の頭だんご」と幟の上がる花見茶屋「水月」の以前の風景です。
井の頭だんご

以前は、石神井公園三宝寺池畔にある「豊島屋」に似た雰囲気の昭和レトロ感ある店構え
でした。
氷

現在は、同じ場所で2階建ての建物で営業中です。
池を縦断する七井橋のたもとにありますので、井の頭公園に来られたことがある方はご存じ
だと思います。
湖畔茶屋

最後に井の頭自然文化園側、弁財天の近くにある「井泉亭」です。
こちらのお店は、食事系メニューが充実しています。
旧茶屋

「井泉亭」さんの風景には、あまり変化はないようです。
外の椅子・テーブルが白いおしゃれなものに変わっているくらいでしょうか。

こちら「井泉亭」は、何と幕末創業の井の頭公園内きっての老舗茶屋です。
特に理由はないのですが、こちらでは毎回カレーライス食べている気がします。
新茶屋
今年の「いせや総本店」井の頭公園店」リニューアルで吉祥寺の風景もようやく落ち着きを見
せることと思います。
以上、吉祥寺新旧風景比較でした。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0
建長寺の鎮守~半僧坊の風景~
2013-12-19 Thu 19:30

意外に知られていないような気もしますが、建長寺境内の一番奥には、建長寺の鎮守である
半僧坊本殿があります。

前回ご紹介の一直線に並ぶ伽藍の奥の山の中腹にあります。
ここから登りになります。
登り開始

参道には、「半僧坊大権現」の幟がはためいています。
参道幟

天狗様がお迎えです。
天狗2

こちらは、烏天狗様です。
半僧坊には、こうした烏天狗像がたくさんあります。
天狗

サイドからのお姿です。なかなか凛々しいお姿です。
天狗アップ

ようやく御堂に到着しました!
境内

お堂内

山の中腹に御堂は建てられています。
縦

半僧坊本殿から眺めた鎌倉学園のグランドです。
鎌倉学園は、修行僧学校・宗学林がそのルーツになっています。
学校

境内には、先ほどの巨大伽藍とは違うこうしたのどかな場所もありました。
P1302254.jpg

建長寺門前の商店です。
参拝のお客さんで昔から賑わっている商店なんでしょうね。
門前
以上、鎌倉建長寺風景でした!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0
<<BACK | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。